マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」新MV公開、双子の子どもたちも出演


2560 1440 VOICE Editor

「モダンでクラシックなものを作りたかったわ」とマライア・キャリー(Mariah Carey)。オリジナル・リリースから25年を経て、今週の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で初首位となったタイムレスなクリスマスソング「All I Want For Christmas」(邦題:恋人たちのクリスマス / ソニー・ミュージックエンタテインメント)の新たなミュージック・ビデオが今日公開された(現地時間12月19日)。

公開前には、ライブ配信されたスペシャル・イベントでマライア・キャリー本人が登場。「Boy (I Need You)」、「#Beautiful」の映像監督ジョセフ・カーン(Joseph Kahn)が監督を務め製作した新映像に「オリジナルのビデオとは方向性が違うものよ」とマライア。「というのはオリジナルの映像では、あまり考えずにそり滑りとかしていたわ。こちらのはより練られて製作されたものよ。でも私は同じスピリットがあると感じているわ」(”Live Q&A: All I Want For Christmas Is You Worldwide Premiere“)。

(バース1)「クリスマスに多くは望まないわ/たった一つだけでいい/クリスマス・ツリーの下の/プレゼントじゃなくていい/暖炉の上に/私の靴下はぶらさげなくっていい/サンタクロースは私を幸せにしてくれない/クリスマスのおもちゃで」(コーラス)「私が欲しいのはあなただけ/何よりも/願いを叶えて/クリスマスに願うのはあなただけ/あなただけよ、愛しい人」

魔法のような映像美で贈るミュージック・ビデオには、ABCドラマ『Mixed-ish』の7歳マイカル・ミッチェル・ハリス(Mykal-Michelle Harris)、そしてマライア・キャリーの8歳の子どもたち、モンロー(Monroe)モロッカン(Moroccan)らが出演。「私のワンちゃん、チャ・チャも出ているのよ」とマライア。時間が止まった不思議な世界に迷い込んだ少女の視点から、夢のようなクリスマスを4分の映像にぎゅっと凝縮。子ども目線で描く華やかなファンタジーの世界に、心躍る歓喜とクリスマスに望むたった一つのものを映し出す。

累計売上枚数世界1600万枚を超え、Spotifyで最もストリーミングされたホリデー・ソングとなっているクリスマスのスタンダード・ナンバー「All I Want For Christmas」。その全米初首位(記事)に、「この曲を聴いてくれた人、ストリーミングで聴いてくれた人、全ての人に心より感謝申し上げます。とっても幸せで、本当に信じられないわ」とマライア。スペシャル・イベントでファンらに感謝の言葉を伝えた。

「All I Want For Christmas」は世界1500万枚以上売り上げ、”史上最も売れたクリスマス・アルバム”のタイトルを持つマライア・キャリーのクリスマス・アルバム『Merry Christmas』に収録。その25周年記念スペシャル・デラックス盤が先月発売された。スペシャル・デラックス盤には、1994年セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂(St. John the Divine)の未リリース・ライブ音源6曲に加えて、未リリース・バージョン「Sugar Plum Fairy」、2017年映画『ザ・スター はじめてのクリスマス』曲「The Star」(2017)、ジョン・レジェンド(John Legend)との「When Christmas Comes」(2011)など収録。さらに国内盤には1996年東京ドーム初来日公演で披露された「恋人たちのクリスマス」のライヴ音源がボーナス・トラックとして収録されている。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー