ユーロビジョン2019 オランダが44年ぶり優勝


2400 1350 VOICE Editor

1956年に始まり今年で64回目を迎えた世界最大級・伝統の歌コンテスト番組『ユーロビジョン・ソング・コンテスト2019』(Eurovision Song Contest 2019)グランド・ファイナルが現地時間5月18日、前大会覇者国イスラエル・テルアビブで開催され、41カ国から決勝に進んだ26カ国の代表がその頂点をかけ運命の舞台に挑みました。視聴者によるライブ投票を経て、当初より優勝最有力候補だったオランダ代表ダンカン・ローレンス(Duncan Laurence)のピアノ・バラード「Arcade」が審査員票及び視聴者票で総計492ポイント獲得、人気国イタリア、ロシア、スウェーデンを破り優勝を果たしました。オランダの優勝は1975年以来44年ぶり、今回で5度目の優勝となりました。

歓喜に包まれるなか壇上で前大会優勝者ネッタ(Netta Barzilai)からトロフィーを渡されたダンカン・ローレンスは受賞スピーチで「これは大きな夢を見ることへの賞。これは常に音楽が一番大切であることへの賞です。ありがとう、ありがとう!!」今年のスローガンは「Dare To Dream」(思い切って夢を見ろ)。ダンカン・ローレンスはオランダ版『The Voice』出身の25歳シンガー・ソングライター。オランダ代表になった際にダンカンは「過去数年ユーロビジョンでは有名なアーティストがオランダ代表を務めてきました。私は有名ではありません、しかしそれは良いことです、オランダにはたくさんの若く才能あるミュージシャンがいます。私の参加は、不可能は決してないことを証明するものです」(Eurovision)。

自身が書いた「Arcade」についてダンカンは「この曲はもともと、若くして最愛の人を亡くした物語からインスパイアされた曲です。それが発展しArcadeになりました」。「歌詞と曲は私の心から湧き出てきたものです。(コー・ライターの)Joel SjööとWouter Hardyの助けを借りて、私たちはArcadeという物語を書きました」(wiwibloggs)。

「壊れた心だけが残る/その全ての裂け目を今も直している/幾つかの欠片を失った/それを家に持ち帰るときに、持ち帰るときに/自分の全てに怖れる/僕の心の中は異国のよう/頭の中には静寂が鳴り響く/お願いだ、僕を家まで連れ帰って、連れ帰って」、「今までの全ての愛を尽くした/僕たちはいつも勝ち目のないゲームだった/大きな拱廊の小さな田舎の少年/勝ち目のないゲームから抜け出せなかった」、「Ooh, ooh/ただわかっているのは/君を愛すことは負け戦だということ」

子供のときに心の拠り所となっていたというピアノでエモーショナルに歌い上げ、その悲愁を幻想的なステージに響かせ優勝を果たしました。ダンカンは同曲について「Arcadeは人生の愛を探し求める物語です。それは、手が届かないように思える何かに手を伸ばす希望の歌です」。

リザルト

決勝戦での勝敗は、前日に行われたドレス・リハーサル時の審査員票(50%)と決勝戦ライブでの視聴者票(50%)の合計ポイントによって決せられます。いずれも自国以外の国に投票するシステムで、各国審査員は音楽のプロフェッショナルらからなりその審査基準は(1)歌手の歌唱力、(2)ステージでのパフォーマンス、(3)曲の構成とオリジナリティ、(4)アクトの全体的評価(Eurovision)。

審査員票で第1位になったのは、過去6度優勝を果たし優勝記録歴代第2位の強豪国スウェーデン。その代表36歳シンガー・ソングライター、ジョン・ルンドヴィック(John Lundvik)はゴスペルを取り入れたアップリフティングな美しいメロディの「Too Late for Love」で沸かせ審査員票最高得点の239ポイントを獲得。スウェーデンは視聴者票で第9位(93ポイント)と前予想に反して伸び悩み、総合第6位。審査員票第2位には、北マケドニア。2008年ユーロビジョンでも代表した33歳歌姫タマラ・トデフスカ(Tamara Todevska)が北マケドニアを再び代表し、女性エンパワーメント・アンセム「Proud」で審査員票237ポイント獲得。パワフルな歌唱力で魅せるも視聴者票で第12位(58ポイント)となり総合第8位、もっとも北マケドニアとしては過去最高位となりました。

一方視聴者票で第1位となったのは、ノルウェーケイノー(KEiiNO)によるアップテンポのダンス・ポップ「Spirit in the Sky」がヨーロッパのハートを捉え第1位(291ポイント)。英語をベースに、スカンジナビア半島の先住民族サーミ人の北部サーミ語とその民謡ヨイクを取り入れ、伝統のサーミ音楽とスカンジナ・ポップ、エレクトロニック・ダンスをユニークに融合させたキャッチーなナンバー。「夜になると私を呼ぶ声が聞こえる/風が吹き時はいつも/ヘロ・エ・ロイラ!/あなたの精霊が空に見える/北極光が踊る時/ヘロ・エ・ロイラ!」この「ヘロ・エ・ロイラ!」は精霊と交信する際にトランス状態になって歌うヨイクだといいます。ノルウェーは審査員票で第15位(47ポイント)とかなり低くも総合第5位、終盤不思議なゾーンに入る”ザ・ユーロビジョン”ソングがトップ5入りを果たしました。視聴者票第2位オランダが合計得点で優勝、視聴者票第3位イタリアが総合第2位、視聴者票第4位ロシアが総合第3位という形になりました。特別賞(Marcel Bezençon Awards)には、解説者らから最優秀アーティストに贈られるアーティスティック賞にオーストラリア、最優秀歌曲に贈られる作曲賞にイタリア、メディアから贈られるプレス賞にオランダとなりました。

審査員票トップ10
1位 スウェーデン(239ポイント)
2位 北マケドニア(237ポイント)
3位 オランダ(231ポイント)
4位 イタリア(212ポイント)
5位 アゼルバイジャン(197ポイント)
6位 オーストラリア(154ポイント)
7位 チェコ(150ポイント)
8位 スイス(148ポイント)
9位 ロシア(125ポイント)
10位 マルタ(75ポイント)

視聴者票トップ10
1位 ノルウェー(291ポイント)
2位 オランダ(261ポイント)
3位 イタリア(253ポイント)
4位 ロシア(244イント)
5位 スイス(212ポイント)
6位 アイスランド(186ポイント)
7位 オーストラリア(131ポイント)
8位 アゼルバイジャン(100ポイント)
9位 スウェーデン(93ポイント)
10位 サンマリノ(65ポイント)

総合トップ10
第1位 オランダ(492ポイント)
第2位 イタリア(465ポイント)
第3位 ロシア(369ポイント)
第4位 スイス(360ポイント)
第5位 ノルウェー(338ポイント)
第6位 スウェーデン(332ポイント)
第7位 アゼルバイジャン(297ポイント)
第8位 北マケドニア(295ポイント)
第9位 オーストラリア(285ポイント)
第10位 アイスランド(234ポイント)

グランド・ファイナルのゲスト・パフォーマーにはユーロビジョン歴代優勝者らの他、マドンナ(Madonna)がアイコニックな1989年曲「Like a Prayer」(YouTube)、来月6月14日リリースの最新アルバム『Madame X』より新曲「Future」をクエヴォ(Quavo)と披露しました(YouTube)。グランド・ファイナルの模様は以下の通り。次回のユーロビジョンは2020年5月、優勝国オランダで開催される予定です。

ライブ・ストリーミング

決勝戦(日本時間2019年5月19日午前4時〜)

政治的緊張

パレスチナ問題、BDS運動が続く政治的緊張のなかイスラエルで開催された今年のユーロビジョン、マドンナのバックダンサーがクライマックスで(平和を訴え)当初の予定に反してイスラエルとパレスチナの国旗を背中に着用(YouTube)した他、アイスランド代表が結果発表時にパレスチナ国旗を掲げた(YouTube)。EBUはこれらの行為が政治的中立性に反するとして非難する声明を発表、アイスランドについては今後処分を検討する方針であるという。グランド・ファイナル開催に合わせて会場の外では、イスラエルによるパレスチナ占領を避難する小規模の抗議デモが集まり、イスラエルのパレスチナ自治区ガザ地区への攻撃をユーロビジョンで美化していると非難。一方、ユーロビジョンに集まったファンは、政治とは切り離し、違いを超えて一つになり楽しむ滅多にない機会と話す(Independent)。ユーロビジョンの会場の外では、「DARE TO END THE SIEGE」(※「思い切って包囲攻撃を終結せよ」の意)と書かれたプラカードが掲げられた。

1位オランダ

アーティスト:Duncan Laurence
曲:「Arcade」
〈オランダ〉
優勝歴:4回(1975, 1969, 1959, 1957)
参加:60回目
前年:18位

2位イタリア

アーティスト:Mahmood
曲:「Soldi」
〈イタリア〉
優勝歴:2回(1990, 1964)
参加:44回目
前年:5位

3位ロシア

アーティスト:Sergey Lazarev
曲:「Scream」
〈ロシア〉
優勝歴:1回(2008)
参加:22回目
前年:-(準決勝敗退)

4位スイス

アーティスト:Luca Hänni
曲:「She Got Me」
〈スイス〉
優勝歴:2回(1988, 1956)
参加:60回目
前年:-(準決勝敗退)

5位ノルウェー

アーティスト:KEiiNO
曲:「Spirit in the Sky」
〈ノルウェー〉
優勝歴:3回(2009, 1995, 1985)
参加:58回目
前年:15位

6位スウェーデン

アーティスト:John Lundvik
曲:「Too Late for Love」
〈スウェーデン〉
優勝歴:6回(2015, 2012, 1999, 1991, 1984, 1974)
参加:59回目
前年:7位

7位アゼルバイジャン

アーティスト:Chingiz
曲:「Truth」
〈アゼルバイジャン〉
優勝歴:1回(2011)
参加:12回目
前年:-(準決勝敗退)

8位北マケドニア

アーティスト:Tamara Todevska
曲:「Proud」
〈北マケドニア〉
優勝歴:0
参加:19回目
前年:-(準決勝敗退)

9位オーストラリア

アーティスト:Kate Miller-Heidke
曲:「Zero Gravity」
〈オーストラリア〉
優勝歴:0
参加:5回目
前年:20位

10位アイスランド

アーティスト:Hatari
曲:「Hatrið mun sigra」
〈アイスランド〉
優勝歴:0
参加:32回目
前年:-(準決勝敗退)

11位チェコ

アーティスト:Lake Malawi
曲:「Friend of a Friend」
〈チェコ〉
優勝歴:0
参加:8回目
前年:6位

12位デンマーク

アーティスト:Leonora
曲:「Love Is Forever」
〈デンマーク〉
優勝歴:3回(2013, 2000, 1963)
参加:48回目
前年:9位

13位スロベニア

アーティスト:Zala Kralj & Gašper Šantl
曲:「Sebi」
〈スロベニア〉
優勝歴:0
参加:25回目
前年:22位

14位フランス

アーティスト:Bilal Hassani
曲:「Roi」
〈フランス〉
優勝歴:5回(1977, 1969, 1962, 1960, 1958)
参加:61回目
前年:13位

15位キプロス

アーティスト:Tamta
曲:「Replay」
〈キプロス〉
優勝歴:0
参加:36回目
前年:2位

16位マルタ

アーティスト:Michela
曲:「Chameleon」
〈マルタ〉
優勝歴:0
参加:32回目
前年:-(準決勝敗退)

17位セルビア

アーティスト:Nevena Božović
曲:「Kruna」
〈セルビア〉
優勝歴:1回(2007)
参加:12回目
前年:19位

18位アルバニア

アーティスト:Jonida Maliqi
曲:「Ktheju tokës」
〈アルバニア〉
優勝歴:0
参加:16回目
前年:11位

19位エストニア

アーティスト:Victor Crone
曲:「Storm」
〈エストニア〉
優勝歴:1回(2001)
参加:25回目
前年:8位

20位サンマリノ

アーティスト:Serhat
曲:「Say Na Na Na」
〈サンマリノ〉
優勝歴:0
参加:10回目
前年:-(準決勝敗退)

21位ギリシャ

アーティスト:Katerine Duska
曲:「Better Love」
〈ギリシャ〉
優勝歴:1回(2005)
参加:40回目
前年:-(準決勝敗退)

22位スペイン

アーティスト:Miki
曲:「La Venda」
〈スペイン〉
優勝歴:2回(1969, 1968)
参加:58回目
前年:23位

23位イスラエル

アーティスト:Kobi Marimi
曲:「Home」
〈イスラエル〉
優勝歴:4回(2018, 1998, 1979, 1978)
参加:41回目
前年:1位

24位ドイツ

アーティスト:S!sters
曲:「Sister」
〈ドイツ〉
優勝歴:2回(2010, 1982)
参加:62回目
前年:4位

25位ベラルーシ

アーティスト:ZENA
曲:「Like It」
〈ベラルーシ〉
優勝歴:0
参加:16回目
前年:-(準決勝敗退)

26位イギリス

アーティスト:Michael Rice
曲:「Bigger than Us」
〈イギリス〉
優勝歴:5回(1997, 1981, 1976, 1969, 1967)
参加:61回目
前年:24位

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー