エコスミス最新曲「Over My Head」MV公開、最新アルバム『Inside a Dream』今年夏にもリリース


2400 1350 VOICE Editor

頭から離れないキャッチーなポップ・サウンドと共感を呼ぶ等身大の歌詞で世界を眩く照らした米エコスミス(Echosmith)。3人組として新たなシンセ・サウンドとともに再始動、昨年9月にはEP『Inside a Dream』をリリースし、「Cool Kids」のデビュー・アルバム『Talking Dreams』に続く待望のセカンド・アルバム『Inside a Dream』を今年夏に控えるなか、最新シングル曲「Over My Head」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが今週公開されました(現地時間3月20日)。

ビヨンセ(Beyoncé)、シャキーラ(Shakira)の数多くの楽曲をはじめ、リアーナ(Rihanna)「Stay」、ラナ・デル・レイ(Lana del Rey)「Young and Beautiful」など数々のヒット曲を手がけ音楽界を代表する英映像監督ソフィー・ミュラー(Sophie Muller)が映像化。

EP『Inside a Dream』から受け継ぎ、夢幻的な独特の浮遊感を生むシンセ・サウンドをベースに、ドラムのビートで刻むミュージック・ビデオには、ディズニー・アニメ『キム・ポッシブル』のごとく黒のタートルネックの20歳長女シドニー(Sydney Sierota)、22歳次男ノア(Noah Sierota)、19歳三男グレアム(Graham Sierota)

噛み合わなくなっていく関係にフラストレーション燃やす同曲では、「あなたが何を言いたいのかわからないわ、いつも私を混乱させる/Yeah、意味がわからない/Yeah、すごく」、「理解を超えて、超えている、理解できないわ(×リフレイン)」、次第に恋人との距離が離れていくシドニー。

すると日本の食材・調味料を買い揃え、料理を始めるシエロタ兄弟。鳴門巻きも買い揃えるなか、「ぐるぐると話して、私をくらくらさせる、メリーゴーラウンドのように/会話はそんなに難しいものじゃないはず/あなとのエゴと付き合うのは疲れたわ、認めてくれたらいいのに」。そんなカレに困り果てたシドニー嬢が出口を求め嘆きながらも、おとなしく待ち望むテーブルに運ばれたのは、ラーメン。これはいったい、どういうことでしょう?と、思ってそうに、一瞬首をかしげながらも、私たちを力強く見つめるシドニー。これはいったい、どういうことでしょう?

次第にその世界に惹き込まれるなか、一仕事終え帰ろうとする兄弟は、いや、待てよ、違うな。ラーメンに枝豆の件ではなく、まだやり残したことがある、と戻る兄弟。まるで夢の中のようなカオスの展開のなか、グチャグチャにするのも楽しむように、”Over My Head”なハッピー・エンドを迎えます。

Pretty happy about the fact that my hair matches Japan's color scheme.

A post shared by Sydney Sierota (@sydneysierota) on


今回のラーメンのシーンについて、シドニーは自身のSNSで「私たちが食べ物と日本をどれだけ愛しているか、みんな知ってるよね🍜🍜🍜」。昨年から今年にかけて年末年始を日本で過ごしたシドニーは数々の写真を公開。広島県の厳島神社を訪れた際には、「夢の上を歩いているようだわ 🦋」。日本が大好きという日本愛を映します。

Walking on a dream 🦋

A post shared by Sydney Sierota (@sydneysierota) on

Inside a Dream

Uberのドライバーとなった前シングル曲「Get Into My Car」MVでは、繊細な情感に透き通る美しい歌声で寂しさを漂わせながらも、大胆に「私の車に乗って、私の人生に乗り込んで/私の心に入り込んで、私の好きなこと知ってるでしょ/それなしでは生きられないものを私に与えて」。ドリーミーなサウンドとともに高揚感誘う夢心地なラブソングでは、ロマンチックな始まりを迎えます。

EP『Inside a Dream』(ダウンロード版)のクロージング・トラック「Dear World」では、凄惨な事件の数々、全米を二分する暴動に揺れるなか、「親愛なる世界へ、私はこの歌をあなたに歌います/親愛なる世界へ、今あなたが大変な状況にいるってわかってる/明日が怖く、虚無感に襲われる感覚も/私も同じ」、「親愛なる世界へ、あなたの美しさは痛みから生まれる/あなたは悲劇を克服する魔法を探している/私もそうだわ」。

メッセージ性を大切にしているというエコスミスらしい情感触れる切なくも温かなメッセージ・ソングのラスト・コーラスでは、「私は自分の運命を何とか見つけようとしている/まだ始まったばかりに感じる/いくつの魂が寄り添うことができるのだろう/そしたら私たちみんな、孤独に感じる?/私たちみんなが希望を待ち望んでいる(×リフレイン)/親愛なる世界へ」。

キッズの頃サンタモニカのストリートで演奏していたヴァイブを込めるようにワン・テイクでレコーディングしたという同曲には、ライブ感のあるリアルな情感をオーディエンスに贈ります。

I ♥️ Japan

A post shared by Sydney Sierota (@sydneysierota) on

エコスミスは来月より全米ツアーをサンフランシスコよりキックオフ。延期となっていたセカンド・アルバム『Inside a Dream』に収録される楽曲、詳細のリリース時期は現在明らかになっていないものの、今年夏のリリースを目指していることが報じられています。

I got to eat teeny tiny sushi… MY LIFE IS MADE

A post shared by Sydney Sierota (@sydneysierota) on

洋楽最新情報をフォロー