セリーヌ・ディオン、新アルバム『Courage』17年ぶり全米ビルボード首位 


2560 1440 VOICE Editor
国内盤11/27発売

英語スタジオ・アルバムとして『Loved Me Back to Life』以来およそ6年ぶり、英語スタジオ・アルバム通算12枚目となるニューアルバム『Courage』(国内盤:カレッジ / ソニー・ミュージックエンタテインメント)で新たなスタートを切ったセリーヌ・ディオン(Céline Dion)。その『Courage』が今週の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場第1位を記録した(Billboard、※2019年11月30日付)。セリーヌのアルバムとしては『A New Day Has Come』以来、およそ17年ぶりの全米首位となった。

今月15日にColumbia Recordsよりリリースされた『Courage』は、ニールセン・ミュージックによると集計締め切り11月21日までに113,000同等アルバム・ユニットを記録。そのうちアルバム・セールスが109,000枚となり、大部分を占めた。ストリーミング換算「SEA」は3,000、トラック換算「TEA」は1,000。

20年以上連れ添った夫でマネージャーのレネ・アンジェリル(Rene Angelil)が亡くなってから初となる英語アルバム『Courage』には、ダイナミックなダンス・ポップ「Flying on My Own」、デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)シーア(Sia)がコー・ライターのエレクトロ・バラード「Lying Down」、サム・スミス(Sam Smith)がコー・ライターの「For the Lover That I Lost」、スカイラー・グレイ(Skylar Grey)が書いた「Falling in Love Again」など収録。

セリーヌのアルバムが「Billboard 200」首位となるのは、今回で5枚目。1996年に3週で首位となった英語4thアルバム『Falling Into You』、1998年に1週で首位となった英語5thアルバム『Let’s Talk About Love』、1999年及び2000年に3週で首位となったグレイテスト・ヒッツ『All the Way… A Decade of Song』、そして2002年に1週で首位の英語7thアルバム『A New Day Has Come』。英語アルバムの前作『Loved Me Back to Life』(2013)は最高第2位だった(※2013年11月23日付)。

今回の発表を受けてセリーヌは自身のSNSで「ソングライター、音楽プロデューサー、エンジニア、そしてミュージシャンの方々にとても感謝しています。応援して下さった私の素晴らしいファンの皆さんに、ありがとう。これがどれほど私にとって大切なものであるか言葉にできません。愛しているわ!!🙏❤️ セリーヌxx」

『Courage』について「私たちは皆、人生で様々な困難を乗り越えていると思う。誰かを失ったり、病気であったり、闘わなければならないものであったり」とセリーヌ(記事)。「The Show Must Go On」の51歳は「私は多くのことを乗り越えてきたと思う。そして私の家族、その成長のなかで、人生は私に内なる強さ、”Courage”を見つけるためのもの、生き抜くためのものを与えてくれたわ」、「レネを失った時、彼が別の人生へ旅立った時、私のステージへの復帰が彼の願いだった」。

「私は彼に証明したかったわ、私が大丈夫だって。私たちは大丈夫だって、私たちはきっと大丈夫。大丈夫」。「私のクルー、マネージャー、私の子供たちの面倒を見てくれた人々、困難を支えてくれた全ての人々を私は心から愛している、彼らは私に物凄く大きな力を与えてくれたわ。そして”Courage”というタイトルの曲が出てきて」、「時間はかからなかった、アルバムのタイトルはこうすべきだって思ったわ、”Courage”だと」。

世界2億5千枚の累計アルバム・セールス、世紀の歌姫が贈る最高傑作の国内盤『カレッジ』には、ボーナス・トラック「ソウル」を1曲追加収録。『カレッジ』は高品質BluSpec CD2仕様で明日、11月27日に発売される。

<国内盤アルバム>
2019年11月27日(水)発売予定
●Blu-Spec CD2仕様
●¥2,400+税
●歌詞・対訳/解説入り
●国内盤のみボーナス・トラック1曲収録
公式サイトより

国内盤『カレッジ』トラックリスト
1. フライング・オン・マイ・オウン 
2. ラヴァーズ・ネバー・ダイ 
3. フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン
4. ライイング・ダウン
5. カレッジ
6. インパーフェクションズ
7. チェンジ・マイ・マインド 
8. セイ・イエス
9. ノーバディーズ・ウォッチング
10. ザ・チェイス 
11. フォー・ザ・ラヴァー・ザット・アイ・ロスト
12. ベイビー
13. アイ・ウィル・ビー・ストロンガー
14. ハウ・ディッド・ユー・ゲット・ヒア
15. ルック・アット・アス・ナウ
16. パーフェクト・グッドバイ
17. ベスト・オブ・オール 
18. ハート・オブ・グラス 
19. バウンダリーズ
20. ザ・ハード・ウェイ 
21. ソウル ※国内盤ボーナス・トラック

『Courage』トラックリスト
1. Flying on My Own
2. Lovers Never Die
3. Falling in Love Again
4. Lying Down
5. Courage
6. Imperfections
7. Change My Mind
8. Say Yes
9. Nobody’s Watching
10. The Chase
11. For the Lover That I Lost
12. Baby
13. I Will Be Stronger
14. How Did You Get Here
15. Look at Us Now
16. Perfect Goodbye
17. Best of All
18. Heart of Glass
19. Boundaries
20. The Hard Way

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 セリーヌ・ディオン/Celine Dion『Courage』〈初〉
第2位 Tory Lanez『Chixtape 5』〈初〉
第3位 ポスト・マローン/Post Malone『Hollywood’s Bleeding』
第4位 テイラー・スウィフト/Taylor Swift『Lover』
第5位 ルーク・コムズ/Luke Combs『What You See Is What You Get』
第6位 YoungBoy Never Broke Again『AI YoungBoy 2』
第7位 サマー・ウォーカー/Summer Walker『Over It』
第8位 DaBaby『Kirk』
第9位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
第10位 カニエ・ウェスト/Kanye West『Jesus Is King』
※2019年11月30日付

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ポスト・マローン/Post Malone「Circles」
第2位 ルイス・キャパルディ/Lewis Capaldi「Someone You Loved」
第3位 リゾ/Lizzo「Good as Hell」
第4位 マルーン5/Maroon 5「Memories」
第5位 セレーナ・ゴメス/Selena Gomez「Lose You To Love Me」
第6位 ショーン・メンデス/Shawn Mendes & カミラ・カベロ/Camila Cabello「Señorita」
第7位 クリス・ブラウン/Chris Brown「No Guidance」ft. ドレイク/Drake
第8位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish「Everything I Wanted」
第9位 ダン+シェイ/Dan + Shay, ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「10,000 Hours」
第10位 リゾ/Lizzo「Truth Hurts」
※2019年11月30日付

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー