ブリット・アワード2018、デュア・リパがストームジーと並び最多2冠、セクシー×迫力の「New Rules」でガールズ・パワー


2400 1350 laurus
ストームジー、デビュー・アルバム『Gang Signs & Prayer』で「アルバム賞」受賞

イギリスのグラミー賞「ブリット・アワード2018」(BRIT Awards 2018)授与式が今週水曜日(現地時間2月21日)イギリス・ロンドンのO2アリーナにて開催され、グライムのラッパー、ストームジー(Stormzy)がエド・シーラン(Ed Sheeran)らを抑えて、デビュー・アルバム『Gang Signs & Prayer』で最高賞となる「年間英アルバム賞」(British Album of the Year)を受賞。さらに「英男性ソロアーティスト賞」(British Male Solo Artist)を受賞し、自身二度目となるブリット・アワードで自身初受賞の最多2冠を達成しました。

また今回最多5部門のノミネーションで女性アーティストとしてブリット・アワード史上最多ノミネートの歴史を作り、同授与式で最も注目されていたデュア・リパ(Dua Lipa)が、「英女性ソロアーティスト賞」(British Female Solo Artist)に輝いた他、昨年ストームジーが逃した「英ブレイク・スルー・アクト賞」(British Breakthrough Act)を受賞し、ストームジーと並んで最多2冠に輝きました。

Dua Lipa

Subtle

A post shared by DUA LIPA (@dualipa) on


女性ソロアーティストとしてはアデル(Adele)「Hello」以来、約2年ぶりに全英シングルチャートで首位を獲得した「New Rules」は、全英チャート2週連続第1位を含めて世界5ヶ国で第1位となった他、世界各国チャートのトップ10入りを果たすヒットを記録。先週にはそのミュージック・ビデオが女性アーティストとして、世界最年少で史上初となる10億再生回数を突破。わずか223日でその歴史を作ります(The Economic Times)。

自身初のブリット・アワードにして女性アーティストの最高峰「英女性ソロアーティスト賞」を受賞したアルバニアンの22歳は、ステージまでの長い距離のなか、これまでの長い道のりを振り返るように歓びを輝かせ、「なんてことなの、本当に本当にありがとう!」。ファンをはじめ関係者らへ感謝の意を捧げた上で、「このステージに立っていた全ての女性たちにありがとうって伝えたいわ。彼女たちは、私のような女の子たち、音楽界だけでなく社会の女の子たちを、奮い立たせ、上を向き、大きな夢を見る力を与えてくれたわ」。

そしてトロフィーを掲げると、「もっとステージに女性たちを!もっと女性たちに表彰を!」、「もっと女性たちが世界を乗っ取っていきましょねっ!!」、最高の笑顔とともに力強いスピーチを締めくくります。

New Rules

デュア・リパの左腕の、なんだか気になるタトゥー。目を凝らすと…、「何の意味もないよ」(THIS MEANS NOTHING)。右腕に両親のコソボの故郷「SUNNY HILL」のタトゥーを受けて、左に何か意味ないものをということで「THIS MEANS NOTHING」になったと語る(動画)。左手の甲には、「PATIENCE」(忍耐)、左手首には妹と弟のイニシャル「R」と「G」、左肘には「大好きな木」と話すヤシの木のタトゥー。右肩には「ANGEL」、「肩に天使がいるなんて、何か見守ってくれているみたいでしょ」と明かす。

最初の賞は予想外で衝撃的だったわ」と後のインタビューで振り返るデュア・リパ。「二回目の賞はそれ以上に衝撃的だったわ。最初の賞だけでもすっごくハッピーになのに、もう一つ賞を頂けるなんて…、言葉にならなかったわ」と声をつまらせるデュア・リパ。「だから妹と弟を引っ張っていっちゃった。”私についてきなっ!”ってね」(動画)。

「英ブレイク・スルー・アクト賞」を受賞し、妹(Rina)、弟(Gjin)を両手に引っ張りながらステージに上がったデュア・リパは「本当にみんなありがとう」、「みんなのおかげで夢が叶ったわ!」、「私がおかしくなっちゃうんじゃないかって、妹と弟が心配するかなって思ってステージに連れてきちゃいました」、次期ボンド・ガールの噂もあるエキゾチックな顔立ちに可愛らしさを覗かせる22歳はその喜びを綻ばせます。

でも本当の理由はね」、イギリスから両親の祖国コソボに移り住むも夢を叶えるため15歳の時、一人ロンドンへ戻り厳しい道を歩んできた22歳は、妹と弟が横で見守るなか、「アルバムの最後で感謝の言葉とともに、(夢という)魔法を信じてって、私はみんなに伝えたわ。だってそれは本当のこと」、「夢に最も近いこのステージで、妹と弟にそれを感じてもらいたいって思ったの」。そして妹と弟を抱きしめ「愛してるわ」。

同授与式後にデュア・リパは「たとえどんなことがあっても不可能なんてないって、妹と弟に伝えたいって、それが私の全てだわ」、「妹と弟の良きロールモデルでありたいと思っているわ」、自らにとって最も大切なことを明かします(BBC)。

White Rose

2018 BRIT Awards

先月開催の「第60回グラミー賞」授与式では、女性最多ノミネートのSZA(シザ)をはじめ、レディ・ガガ(Lady Gaga)、そして「The Praying」を熱唱したケシャ(Kesha)らも無冠に。女性アーティスト及び女性フロントのバンドの受賞は、86賞のうち17賞にとどまり、主要部門では「最優秀新人賞」アレッシア・カーラ(Alessia Cara)の一人のみの受賞。さらにグラミー賞主催のレコーディング・アカデミー会長ニール・ポートナウが、女性アーティストらに「もっと努力(step up)すべき」と発言し、物議を醸します。

「インターナショナル女性ソロアーティスト賞」(International Female Solo Artist)のプレゼンター、エリー・ゴールディング(Ellie Goulding)は「私たちは女性であることを誇りに思っているわ、そして何年も私たちが”努力”(step up)し続けてきたことは疑いのないことだと思う」。

昨年ハリウッドで明るみになった性的暴力、セクシャルハラスメント、その根絶を訴える「Time’s Up」ムーブメント(#MeToo)を受け、グラミー賞授与式に続いて、白いバラを手にアーティストらが集結。レッドカーペットでデュア・リパは、目を奪う特大の豪華なピンクのドレスで魅了しながらも、白いバラを手に、「何百万もの人々、イギリスだけでなく世界中の人々」へ、「私たちは共に立ち上がり、私たちの方法で抗議する、こうして私たちは世界を変えていくわ」(ワシントン・ポスト紙)。

「英ブレイク・スルー・アクト賞」では、サンファ(Sampha)ら4人の男性アーティストらを抑えて、デュア・リパが受賞。しかし男女混合の賞で女性が受賞を果たしたのは同賞のみで、英テレグラフ紙は「英国レコード産業協会(BPI)は性の偏重に切り込む努力はしたが、明らかに足りなかった」と厳しく批評します。

Br-ex-it

一方、「英グループ賞」(British Group)を受賞したゴリラズ(Gorillaz)のリーダー、デーモン・アルバーン(Damon Albarn)は欧州連合からのイギリス脱退(Brexit)に言及。「この国は、信じるか信じないかは別に、すごく小さい、ちっちゃい、しかしとても愛すべき国で、美しき世界の一部分だ」、「でも俺が言いたいのは、孤立させるなということ、分断させてはならない」。「国の大きさを考えると、音楽界では我々はものすごいことをしているんだ、我々には真のスピリット、本物の魂がある、政治なんかにそれを奪われちゃいけない」。

その他の受賞

注目となる「年間英シングル賞」(British Single of the Year)には、ラグンボーン・マン(Rag’n’Bone Man)「Human」が受賞。2017年英米年間最高セールスのエド・シーラン(Ed Sheeran)「Shape of You」、そしてカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)のサマー・アンセム「Feels」、デュア・リパ「New Rules」、クリーン・バンディット(Clean Bandit)×ザラ・ラーソン(Zara Larsson)「Symphony」ら強豪を抑え、サプライズ受賞。

「インターナショナル女性ソロアーティスト賞」では先日のグラミー賞では無冠となったロード(Lorde)がテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、ピンク(P!nk、Pink)らを抑え、(ツアーのため欠席ながら)受賞となり、ファン投票となる「年間英ビデオ賞」(British Video of the Year)では、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)「Sign of the Times」が激戦を制します。

特別賞

4部門でノミネートされていたエド・シーランは、全て受賞ならずも、特別賞(Special Achievement Award)で「グローバル・サクセス・アワード」(Global Success Award)を(映像の)エルトン・ジョン(Elton John)、そしてロン・ウッド(Ronnie Wood)により授与されました。

豪華パフォーマンス

今月4日「第52回スーパーボウル」のハーフタイムショーを務めたジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が最新アルバム『Man of the Woods』より「Midnight Summer Jam」、そして米カントリー・スター、クリス・ステープルトン(Chris Stapleton)との「Say Something」でキックオフした豪華パフォーマンスでは、デュア・リパがそのヒット曲「New Rules」でミュージック・ビデオの世界観をトロピカルなステージに再現。

真冬に真夏の熱気を呼び起こすなか、桁違いのフラミンゴ・ガールらが集結し、ミュージック・ビデオよりもスケールアップした圧巻のパフォーマンスでガールズ・パワーの結託と新ルールを宣言!先月うかつにも元カレに連絡をとってしまい、真っ先に自らのルールを破ったデュア・リパは、拳を天高く突き上げます。

続くエド・シーランは惜しくも「年間英アルバム賞」を逃すこととなった最新アルバム『÷』より、ピアノ、ギターの旋律に情感揺さぶる涙の「Supermarket Flowers」を天上へと響かせます。

一方「インターナショナル・グループ賞」(International Group)の受賞を果たしたフー・ファイターズ(Foo Fighters)は映画のワンシーンな幻想的夜空に届く屋上のステージで「The Sky Is a Neighborhood」を熱唱。

昨年5月、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)「Dangerous Woman Tour」のライブ・コンサート終了直後を狙ったマンチェスター爆破テロ事件では、アリアナ・グランデのファンら、子ども含む22人が死亡。その追悼にアリアナ・グランデが予定されていたものの、ドクター・ストップによりロンドンへ行けなくなったことを受け、リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)がオアシス(Oasis)の「Live Forever」で追悼を捧げます。

サム・スミス(Sam Smith)がソウルフルな「Too Good at Goodbyes」でアリーナを包むと、「インターナショナル男性ソロアーティスト賞」(International Male Solo Artist)を受賞したケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が音響トラブルでフリーズするも、「Feel」から「New Freezer」で炎のパフォーマンス。

「Your Song」、「Anywhere」のリタ・オラ(Rita Ora)リアム・ペイン(Liam Payne)と映画『フィフティ・シェイズ・フリード』主題歌「For You」でセクシーなデュエットで魅せると、今年のブリット・アワードの顔となったストームジーが「Blinded by Your Grace, Pt. 2」、「Untitled Freestyle」、「Big for Your Boots」を披露。パロマ・フェイス(Paloma Faith)の2015年ブリット・アワード「Only Love Can Hurt Like This」の雨よりも激しく降り注ぐステージで、圧巻のフィナーレへ。

そのフリースタイル・ラップでは、昨年6月に70人の越える死者を出したロンドンのグレンフェル・タワー大規模火災を受け、「よぉ、テリーザ・メイ、グレンフェルのカネはどこにやったんだ」、「お前は牢獄に入るべきだ」とテリーザ・メイ首相の対応を痛切に批判し、その幕を閉じます。なお、「ブリット・アワード2018」受賞者リストは以下の通りです。

年間英アルバム賞
British Album of the Year

Dua Lipa『Dua Lipa』
Ed Sheeran『Divide』
J Hus『Common Sense』
Rag ‘n’ Bone Man『Humour』
ストームジー/Stormzy『Gang Signs & Prayer』(WINNER)

英男性ソロアーティスト賞
British Male Solo Artist

Ed Sheeran
Liam Gallagher
Loyle Carner
Rag’n’Bone Man
ストームジー/Stormzy(WINNER)

英女性ソロアーティスト賞
British Female Solo Artist

Paloma Faith
Kate Tempest
Jessie Ware
Laura Marling
デュア・リパ/Dua Lipa(WINNER)

英グループ賞
British Group

Wolf Alice
ゴジラズ/Gorillaz(WINNER)
London Grammar
The XX
Royal Blood

英ブレイク・スルー・アクト賞
British Breakthrough Act

Dave
デュア・リパ/Dua Lipa(WINNER)
J Hus
Loyle Carner
Sampha

批評家賞
Critics’ Choice Award

ジョルジャ・スミス/Jorja Smith(WINNER)
Mabel
Stefflon Don

年間英シングル賞
British Single of the Year

Liam Payne「Strip That Down」 featuring Quavo
Jax Jones feat. Raye「You Don’t Know Me」
Clean Bandit「Symphony」 featuring Zara Larsson
ラグンボーン・マン/Rag’n’Bone Man「Human」(WINNER)
J HUS「Did You See」
Calvin Harris「Feels」 featuring Pharrell Williams, Katy Perry and Big Sean
Dua Lipa「New Rules」
Ed Sheeran「Shape of You」
Jonas Blue「Mama」 featuring William Singe
Little Mix「Touch」

インターナショナル女性ソロアーティスト賞
International Female Solo Artist

Taylor Swift
ロード/Lorde(WINNER)
Bjork
P!nk
Alicia Keys

インターナショナル男性ソロアーティスト賞
International Male Solo Artist

ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar(WINNER)
Childish Gambino
Drake
Beck
DJ Khaled

インターナショナル・グループ賞
International Group

フー・ファイターズ/Foo Fighters(WINNER)
Arcade Fire
LCD Soundsystem
Haim
The Killers

年間英ビデオ賞
British Artist Video of the Year

Ed Sheeran「Shape Of You」
ハリー・スタイルズ/Harry Styles「Sign Of The Times」(WINNER)
Liam Payne Ft Quavo「Strip That Down」
Little Mix「Touch」
ZAYN and Taylor Swift「I Don’t Wanna Live Forever」

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー