北欧の歌姫16歳、ノヴァ・ミラー最新曲「Turn Up The Fire」MV 壮大な氷上の世界に氷と炎の歌


2400 1350 laurus
映画『君の名は』ヒロイン宮水三葉の声優も。

5オクターブのダイナミックレンジを潜ませ、透き通る無垢な歌声に躍動する激情を走らせるのは、弱冠16歳の少女。「今夜だけ、明日なんてないわ/どこまで私たちが感じるか知りたい/解き放つ時が来たわ」、「炎を燃やして/さぁ私に体を寄せて」、「私たちはまだ始まったばかりよ」。ポップ歌姫ザラ・ラーソン(Zara Larsson)らに続きスウェーデンが世界に放つストックホルムの16歳新星、ノヴァ・ミラー(Nova Miller)の最新シングル曲「Turn Up The Fire」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが今月公開(現地時間2月13日)。

壮大な氷上の世界には、一枚の赤いドレス纏い、真紅のアイシャドーの中から紺碧色の瞳でとらえる16歳。零下16度を下回ったという極寒のなか、内に秘める狂熱(とアーティスト魂)を燃やし、美しくもパワフルな歌声とともに、真冬をアツくさせます。

ジョージ・R・R・マーティン著ファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作にしたHBO『ゲーム・オブ・スローンズ』(Game of Thrones)の世界観を思わせるシネマティックなスクリーンには、スピリチュアルな地球の記憶が鼓動するアイスランドの絶景。北極圏真下の氷河と火山のエネルギーに呼応するように、抑えがたい激情を静かに燃え上がらせます。

炎を燃やして/肌と肌、この感じ信じられない/燃え上がらせて/さぁ私に体を寄せて/欲望激しく/頭は火花が弾け、クレイジーなくらい最高だわ/炎を燃やして/もっとアツく/炎を燃やして

レトロ・ポップに強い影響を受けるノヴァ・ミラーらしいピュアなスウェーデン・ポップ・サウンドを継承しながらも、R&Bの要素に高揚感誘うダンス・ヴァイブを強め、世界デビューに向けたメインストリーム指向の強いサウンドへ。自ら楽曲制作を手がける同曲では、これまでのティアラのプリンセスなスタイルとは一線を画し、その歌詞は大胆にも果敢に攻めるセクシーなものとなり、弱冠16歳ながら年齢ごとに大きく成熟していく姿を強く印象付けます。

昨年4月にスウェーデンで劇場公開された新海誠監督アニメ映画『君の名は。』ではヒロインの宮水三葉の声優を務めたノヴァ・ミラー。スウェーデンでのソールドアウト公演をはじめ、米人気ジェイコブ・サートリアス(Jacob Sartorius)のオープニング・アクトを務める他、デビューEPを前に現在アメリカでのプロモーションを始めている16歳は、「“Turn Up The Fire”は情熱について謳った曲だわ、そして自分にとって欠くことのできない人、あるいは欠かせない何かへの激しい思いを描いたものなの」。「怖れることなく、力強いラブ・ソングだわ、すっごくキャッチーで頭から離れない曲だわ」、幼少期から音楽に全身全霊を注ぐ彼女はその歌に音楽の情熱をも注ぎ込みます(VENTS)。

スウェーデンの映像監督Nikeisha Anderssonが映すスペクタクルなミュージック・ビデオについて、「最初に思い描いたのは、炎と氷のコントラストだったの」、「だから私たちはアイスランドで撮影したの」。「たき火にイケメンっていう路線もあったけどね」、「でも今回はアーティスティックに、少し隠喩的なものにしたかったわ」、TIGERBEATのインタビューで明かします。

これまでの可愛らしくも等身大の姿を映すミュージック・ビデオとは違う姿を見せた16歳。誰かを演じているか、あるいはノヴァ自身であるかと尋ねられると、「どっちでもあるわね!とってもドラマティックなゲーム・オブ・スローンズ版の自分を演じているわ」。

13歳 – SuperNova

ミュージシャンの両親のもと生まれ、両親がツアー中はギターケースの中で眠っていたというノヴァ・ミラー。4歳からバイオリン、9歳の頃にはギター、ピアノをはじめ、シンガー・ソングライターとしてのみならず、多彩な音楽の才能をもつノヴァは、12歳でレーベル21:12 EntertainmentのCEO英Loleneに見出され、2015年、異例にも弱冠13歳にしてユニバーサル・ミュージックとのレコード契約を果たし、アーティスト名(※本名はAstrid Fanny Granström)にもなっているデビュー曲「Supernova」(超新星)をリリース。

自ら受けたいじめの経験を基にしたインスピレーショナル・ソングながら、ティンカーベル舞うディズニー・ソングを思わせる純真なメロディに、良質なスウェーデン・ポップの正統サウンドが織り成す一曲に。サブリナ・カーペンター(Sabrina Carpenter)、ダヴ・キャメロン(Dove Cameron)らを彷彿とさせる可愛らしくも芯の通った歌声には、繊細さと強さを兼ね備え、聴く者に夢を信じる力と立ち上がる強さを吹き込みます。

14歳

14歳のときリリースした「My Perfect Christmas」では世界に幸せを願う少女の思いを込め、エイミー・グラント(Amy Grant)「Grown Up Christmas List」な心触れるクリスマス・ソングに。自身が愛するジェームス・ブラウン(James Brown)にインスパイアされた「So Good」では、アップビートなレトロ・ポップを成熟したパワフルなヴォーカルで魅せ、新ノヴァ・ミラーをイントロデュース。

BMGレコードへの移籍を経て昨年8月には、70年代のオーガニックなベースラインにインスパイアされた「Anything for U」で「二人の関係が始まるときの鳥肌な感情」(Just Jared)を表現。トレードマークでもあったティアラを過去に、自身溢れる力強い女性へと成長を遂げます。

デビューEP

i love berets

A post shared by N O V A M I L L E R (@novamillerofficial) on


アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)らに影響を受ける一方、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が大好きだという16歳は、唯一無二の煌びやかな高音域を武器に5オクターブという圧倒的な歌声の精度を高め、エネルギッシュでダイナミックな歌声へと進化を続けるなか、リリース予定のデビューEPについて「今の私のサウンドを投影したものになるわ。アースティックでオーガニックでありながらも、ポップ・サウンドに溢れるものね」。

そして自ら楽曲を手がけるノヴァ・ミラーは「パーソナルで自分に関係が深い、とっても自分らしい音楽にしたいわ!音楽を通じて私たちが同じように歩んでいるんだって感じてもらえて、みんなと繋がることができたら嬉しいわ」。

head high, queens

A post shared by N O V A M I L L E R (@novamillerofficial) on

まだあどけなさを残す16歳ながら、「Turn Up The Fire」ではわずか3年でシンガーとして、そしてソングライターとしても別人のような急成長をみせるSupernova。「私たちはまだ始まったばっかり/始まったばっかり/始まったばかりよ」、「太陽へ/太陽へ/太陽へ」。「Sweden’s next biggest export」(スウェーデンが世界に送る次なるスター)とも呼ばれるなか、早ければ今年リリース予定のデビューEPにもその注目が集まります。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー