ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」全米4週首位 – 今週のBillboardトップ10


2560 1440 VOICE Editor

マックス・マーティン(Max Martin)らと共同プロデュースによるザ・ウィークエンド(The Weeknd)の世界的ヒット曲「Blinding Lights」が、今日発表の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で首位をキープし、通算4週で全米首位を獲得した(Billboard、※2020年4月4日付-11日付, 4月25日付-5月2日付)。

ニュー・アルバム『After Hours』収録の「Blinding Lights」は、4月23日までに前週比11%減の19,000ダウンロードで(※ニールセン・ミュージック/MRC調べ)、デジタル・ソング・セールス・チャートで首位を守り通算4週目の首位。米国内ストリーミングは前週比2%減の2490万回となり、ストリーミング・ソング・チャートで第4位へダウン(先週第3位)。ラジオ・エアプレイでは好調をキープし首位を維持した。

今週の「Hot 100」では、ドジャ・キャット(Doja Cat)のバイラル・ヒット「Say So」が自身最高位の第5位をキープ。またポスト・マローン(Post Malone)の「Circles」が先週の第7位から第6位を記録し、史上最多の通算34週で「Hot 100」トップ10入りとなった(記事)。

新曲では、ダベイビー(DaBaby)とロディ・リッチ(Roddy Ricch)のコラボ曲「Rockstar」が初登場第9位。「Rockstar」は初週、米国内ストリーミングで2810万回を記録し、ストリーミング・ソング・チャートで初登場第2位。「Rockstar」のダウンロード数は初週10,000となり、デジタル・ソング・セールス・チャートで初登場第7位となった。

その「Rockstar」を収録するダベイビーのサード・アルバム『Blame It on Baby』が、今週の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場首位を記録(Billboard、※2020年5月2日付)。4週連続で全米首位となっていたザ・ウィークエンドの『After Hours』(※2020年4月4日付-4月25日付)を第2位に抑えた。ダベイビーとしては、前作『Kirk』に続いて2作連続で全米首位。4月17日リリースの『Blame It on Baby』は初週、4月23日までにアルバム相当数124,000を記録。その内訳では、ストリーミングで1億5884万回を記録し、ストリーミング換算による「SEA」が110,000、アルバム売上は12,000枚、トラック換算による「TEA」が3,000。第2位となったザ・ウィークエンドの『After Hours』のアルバム相当数は55,000だった。

今週の「Billboard 200」では、フィオナ・アップル(Fiona Apple)のおよそ8年ぶりとなるアルバム『Fetch the Bolt Cutters』が初週、アルバム相当数44,000で初登場第4位。大部分がアルバム売上によるもので、初週30,000枚のアルバム・セールスを記録した。

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ザ・ウィークエンド/The Weeknd「Blinding Lights」〈0〉
第2位 ドレイク/Drake「Toosie Slide」〈0〉
第3位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch「The Box」〈0〉
第4位 デュア・リパ/Dua Lipa「Don’t Start Now」〈0〉
第5位 ドジャ・キャット/Doja Cat「Say So」〈0〉
第6位 ポスト・マローン/Post Malone「Circles」〈+1〉
第7位 ハリー・スタイルズ/Harry Styles「Adore You」〈-1〉
第8位 ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「Intentions」 feat. Quavo〈+1〉
第9位 ダベイビー/DaBaby「Rockstar」feat. ロディ・リッチ/Roddy Ricch〈初〉
第10位 フューチャー/Future「Life Is Good」feat. ドレイク/Drake〈-2〉
※2020年5月2日付
※出典:”The Weeknd’s ‘Blinding Lights’ Leads Hot 100 for 4th Week, DaBaby & Roddy Ricch’s ‘Rockstar’ Launches in Top 10” – Billboard

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 ダベイビー/DaBaby『Blame It on Baby』〈初〉
第2位 ザ・ウィークエンド/The Weeknd『After Hours』〈-1〉
第3位 リル・ウージー・ヴァート/Lil Uzi Vert『Eternal Atake』〈0〉
第4位 フィオナ・アップル/Fiona Apple『Fetch the Bolt Cutters』〈初〉
第5位 リル・ベイビー/Lil Bab『My Turn』〈-1〉
第6位 ポスト・マローン/Post Malone『Hollywood’s Bleeding』〈0〉
第7位 バッド・バニー/Bad Bunny『YHLQMDLG』〈-2〉
第8位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch『Please Excuse Me For Being Antisocial』〈-1〉
第9位 Rod Wave『Pray 4 Love』〈0〉
第10位 Tory Lanez『The New Toronto 3』〈-8〉
※2020年5月2日付
※出典:”DaBaby’s ‘Blame It on Baby’ Bumps The Weeknd to Take No. 1 Spot on Billboard 200 Albums Chart” – Billboard

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー