テイラー・スウィフト最新作『レピュテーション』全米ビルボード初登場第1位、第1週で今年の年間最高アルバムセールス


1600 900 laurus
アデル『25』以来およそ2年ぶりの週間最多セールス

前作『1989』よりおよそ3年ぶり、今月10日にリリースされた米テイラー・スウィフト(Taylor Swift)最新アルバム『Reputation』(レピュテーション)が、先週16日までに123.8万同等アルバムセールス(※以下「ユニット」、ニールセン・ミュージック調べ)を記録し、今週の全米ビルボード総合アルバム・チャート「Billboard 200」で、初登場第1位となったことが発表されました(billboard, ※2017年12月2日付)。

123.8万ユニットの内、アルバム自体の購入数は121.6万セールスとなった『Reputation』は、ニールセン・ミュージックによるデータ集計開始の1991年以来、史上10番目となる週間最多アルバムセールスとなり、(現在まで)2017年の週間最多アルバムセールスを記録。

英アデル(Adele)最新アルバム『25』の第1週(※2015年11月26日まで)337.8万セールス以来、およそ2年ぶりとなる週間最多アルバムセールスを記録します。

歴代週間アルバムセールス・トップ10(1991-)
第1位 アデル『25』337.8万
第2位 イン・シンク(*NSYNC )『No Strings Attached』241.5万
第3位 イン・シンク『Celebrity』187.9万
第4位 エミネム(Eminem)『The Marshall Mathers LP』176.0万
第5位 バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)『Black & Blue』159.1万
第6位 エミネム『The Eminem Show』132.1万
第7位 ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)『Oops!…I Did It Again』131.9万
第8位 テイラー・スウィフト『1989』128.6万
第9位 ザ・ビートルズ(The Beatles)『1』125.8万
第10位 テイラー・スウィフト『Reputation』121.6万
billboard、Nielsen Music集計)

2017年全米年間最多アルバムセールス

また第1週で121.6万セールスとなった『Reputation』は、これまでに計93.1万セールスにより2017年の年間最多アルバムセールスとなっていた英エド・シーラン(Ed Sheeran)の最新アルバム『÷』を抑えて、リリース第1週にして2017年の年間最多アルバムセールスを記録します(※2017年11月16日集計時点)。

4作連続第1週でミリオンセラー

2週目となる英サム・スミス(Sam Smith)『The Thrill of It All』の6.6万ユニットを第2位に抑え、今回5作連続で「Billboard 200」第1位となったテイラー・スウィフト。これまでのアルバムのリリース第1週の記録としては、3rdアルバム『Speak Now』で104.7万セールス、4thアルバム『Red』で120.8万セールス、5thアルバム『1989』で自己最高128.7万セールスを記録。今回121.6万セールスの記録によりテイラー・スウィフトは、4作連続で第1週ミリオンセラーを達成。

前作『1989』の第1週セールス記録に及ばなかったものの、『Reputation』で自身2番目の第1週最多セールスを記録したテイラー・スウィフトは、統計開始以来、4作のアルバムで週間ミリオン・セールスを達成した史上初のアーティストに輝きます(※次いで現在アデルが3作で週間ミリオンセラー)。

「Billboard 200」のチャートは、ストリーミングなど音楽利用の多様化をチャートに反映させるため、2014年12月より、(1)従来のアルバム・セールス(フィジカル及びデジタルのアルバム購入数)に加え、(2)楽曲ダウンロード数をアルバム・セールスに換算する「TEA (track equivalent albums) 」(※10曲ダウンロード=1アルバム)、(3)楽曲ストリーミング数をアルバム・セールスに換算する「SEA (streaming equivalent album)」(※1,500ストリーミング=1アルバム)の総数で集計。

プロモーションに力を入れていた米ターゲット限定特別アルバムの予約販売が好調の一方、今回メジャー・アーティストとしては異例にも、リリース第1週ではストリーミング配信を行わなかった『Reputation』。(1)従来のアルバム・セールスの内訳では、フィジカル(CD/レコード)が50.7万枚、デジタルが70.9万ダウンロード。フィジカルの記録では、100.3万枚の2015年アデル『25』以来の最多セールスを記録。一方デジタルでは、アデル『25』(164万)、ドレイク(Drake)『Views』(85.2万)に次いで史上3番目の週間最多デジタル・アルバムセールスとなります。

世界各国で第1位

アメリカ以外の国では、イギリス、オーストラリア、カナダ含む世界9カ国以上で第1位を獲得。日本のオリコンチャート「週間CDアルバムランキング」では第3位となったものの、「週間洋楽アルバムランキング」では第1位を獲得(※2017年11月20日付)。3作連続で首位となった全英アルバム・チャートでは、84,000アルバム・セールスを記録。今年の全英第1週アルバムセールス数としては、記録的な672,000アルバム・セールスとなったエド・シーラン『÷』や、97,328のサム・スミス『The Thrill Of It All』らに次いで、今年5番目のオープニング・セールスとなります(UK Official Charts)。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー