テイラー・スウィフト『evermore』、米Billboard 200首位に返り咲く レコードが記録的な売り上げ


2560 1440 VOICE Editor

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の通算9作目となるスタジオ・アルバム『evermore』(2020)が、今日発表の米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で先週の第74位から大きく浮上し、オリヴィア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)のデビュー・アルバム『SOUR』を抑えて首位に返り咲いた(Billboard、※2021年6月12日付)。

これにより『evermore』は通算4週の首位(※2020年12月26日-2021年1月2日, 16日付, 6月12日付)となり、テイラー・スウィフトはキャリアを通じて「Billboard 200」の首位数を53週に伸ばした。同記録は、ザ・ビートルズ(The Beatles)の132週、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)の67週に続いて歴代第3位の記録で、ガース・ブルックス(Garth Brooks)の52週を上回った。

今回の首位返り咲きにテイラー・スウィフトは自身のツイッターで「衝撃的です。”evermore”への皆さんの愛に、これまで以上に胸がいっぱいになっています。皆さんの愛、そして私たちが互いに大切に思い合ってきた道のりを思うと胸が熱くなります。心から皆さんを愛しています」。

2020年12月11日にリリースされた『evermore』が約半年を経て首位に返り咲いた背景には、2021年5月28日に発売が開始されたレコードの記録的な売り上げや、サイン付きCDの売り上げなどがある。『evermore』は6月3日までに週間アルバム相当数202,000ユニットを記録し、その内訳としてはアルバム売上が192,000枚(前週比8,307%増)、ストリーミング数によるアルバム相当数「SEA」は9,000ユニット(1,240万回再生、前週比7%増)、楽曲売上数によるアルバム相当数「TEA」はごく僅かとなった。

192,000枚を売り上げた『evermore』のアルバム売上数の内訳では、アナログレコード売上数が102,000枚、CD売上数が69,000枚(前週比3,705%増)、ダウンロード数が21,000(前週比5,197%増)、カセットテープが1,000枚弱(前週比578%%増)となった。売上数192,000枚の大部分(136,000枚)が公式ストアを含むオンラインストアでの購入だった。

102,000枚のレコードを売り上げた『evermore』は、レコードの週間売上数としてはMRC Data (前SoundScan)がその集計を開始した1991年以降で、最高の週間記録となった(Billboard)。また2021年におけるレコード売上数ランキングで、現時点で首位のハリー・スタイルズ(Harry Styles)の『Fine Line』(計109,000枚)に次いで、『evermore』が初週のみの記録(102,000枚)で第2位となった。

『evermore』のCD売上数はサイン付きCD、ダウンロード数はiTunesと公式ストアでのプライスダウン(2021年5月28日-6月2日:$6.99、6月3日:$4.99)により押し上げられた。また6月3日には公式ストア24時間限定で「willow」のリミックスを追加しアートカバーが異なる4形態の特別版「digitally autographed fan edition with willow (90’s trend remix)」($4.99)が販売された。

先週初登場首位となったオリヴィア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)のデビュー・アルバム『SOUR』は第2週、アルバム相当数186,000ユニット(前週比37%減)で第2位となった。リリース第2週で185,000ユニットを超えるのは1年以上ぶりで、リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)の『Eternal Atake』(初週288,000ユニット、第2週247,000ユニット、※2020年3月21日-28日付)以来となった。

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位『evermore』Taylor Swift / テイラー・スウィフト〈+73〉
第2位『SOUR』Olivia Rodrigo / オリヴィア・ロドリゴ〈-1〉
第3位『The Off-Season』J. Cole / J. コール〈-1〉
第4位『Dangerous: The Double Album』Morgan Wallen / モーガン・ウォレン〈0〉
第5位『A Gangsta’s Pain』Moneybagg Yo〈0〉
第6位『Future Nostalgia』Dua Lipa / デュア・リパ〈+1〉
第7位『Goodbye & Good Riddance 』Juice WRLD / ジュース・ワールド〈+23〉
第8位『Exodus』DMX〈初〉
第9位『After Hours』 The Weeknd / ザ・ウィークエンド〈+3〉
第10位『What You See Is What You Get』Luke Combs / ルーク・コムズ〈+1〉
※2021年6月12日付
※出典:”Taylor Swift’s ‘Evermore’ Returns to No. 1 on Billboard 200 Chart“– Billboard

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー