ポスト・マローン×タイ・ダラー・サイン「Psycho」全米ビルボード首位記録


2400 1350 laurus

記録的ヒットを続け”Always Tired”の米ラッパー、ポスト・マローン(Post Malone)とタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)のコラボ曲「Psycho」(サイコ)が、今週の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で第1位となったことが発表されました(Billboard、※2018年6月16日付)。「Psycho」は、今年3月に「Hot 100」で初登場第2位(※2018年3月10日付)、その後も15週に渡ってトップ5を常にキープし、今週ドレイク(Drake)の「Nice For What」を第2位に引き下げ、初めてその頂点に立ちました。

ポスト・マローンの曲としては、昨年8週に渡って全米首位となった21サヴェージ(21 Savage)との「Rockstar」(※2017年10月28日付より)に続いて、2曲目の全米首位。フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)の「Work From Home」(2016年)で最高第4位だったタイ・ダラー・サインは、今回自身初の全米首位。

「Psycho」は2018年の全米首位曲として、6曲目の首位曲で、エド・シーラン(Ed Sheeran)とビヨンセ(Beyoncé)の「Perfect」(※昨年より6週連続)、カミラ・カベロ(Camila Cabello)とヤング・サグ(Young Thug)「Havana」(1週)、ドレイク「God’s Plan」(11週連続)、ドレイク「Nice for What」(通算6週)、ドナルド・グローヴァー(Childish Gambino)「This Is America」(2週連続)に続きます。

今回の首位獲得により、20週連続でラップ・ソングが全米首位を独占(※2018年は現在までに全25週)。2017年米国内音楽セールス/ストリーミングの年次報告では、ジャンル別シェアで史上初めて「R&B/ヒップホップ」が総合首位に立ち(記事)、今年も米国ではその傾向を強く見せます。

「Psycho」を収録するポスト・マローン最新アルバム『Beerbongs & Bentleys』は米ビルボード総合アルバム・チャート「Billboard 200」で初登場第1位を記録(※2018年5月12日付)し、3週連続の全米首位。現在も第2位をキープし、記録的ヒットを続けます(※2018年6月16日付)。

Hot 100

今週の「Hot 100」トップ10で第3位に浮上したのは、今最も熱い注目を集める新星ラッパー、カーディ・B(Cardi B)が、ラテン・スターのバッド・バニー(Bad Bunny)、J. バルヴィン(J Balvin)とコラボした「I Like It」。そしてカーディ・Bとマルーン5(Maroon 5)のコラボ曲「Girls Like You」が先週の94位から急浮上し第4位

94位から4位へのジャンプ・アップは、「Hot 100」の統計開始以来、史上4番目に大きい上昇。マルーン5最新アルバム『Red Pill Blues』(2017年)より、新たにカーディ・Bを迎えてリミックス曲として先月(現地時間5月30日)にリリース。撮影に5ヶ月もかかったという同時公開のミュージック・ビデオには、強い女性のロールモデルとなっている豪華女性スターらが続々登場。公開から2週間ながら既に1億動画再生回数を突破します。

カミラ・カベロ、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)、ガル・ガドット(Gal Gadot)、メアリー・J. ブライジ(Mary J. Blige)、ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)、リタ・オラ(Rita Ora)ら。そしてヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとしても知られ、妻のベハティ・プリンスルー(Behati Prinsloo)、1歳の長女ダスティ・ローズ(Dusty Rose)ちゃんも登場し、現在もYouTube米国トレンディング音楽チャート第1位を記録します。

今週の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場第1位となったカニエ・ウェスト(Kanye West)最新アルバム『Ye』より、リード・シングル曲「Yikes」が初登場第8位。『Ye』の全米首位によりカニエ・ウェストは、8枚連続で全米首位を獲得。ラッパーとして、14作首位のジェイ・Z(JAY-Z)に次ぐアルバム最多首位記録で、エミネム(Eminem)の記録と並ぶことが報じられています(Billbaord)。

英ロンドン出身のR&B期待の新星エラ・メイ(Ella Mai)「Boo’d Up」が自身最高第6位を記録。DJマスタード(DJ Mustard)に見出され、現在ロサンゼルスを拠点にデビュー・アルバムを控える注目の23歳。2017年2月リリースのEP『Ready』収録曲で、”予期せぬ注目”を経て、今年4月にシングル・リリース。ノスタルジックなR&Bサウンドに抑えきれない鼓動が高鳴るラブソングが共感を呼び、じわじわと順位を上げながら、ついに全米第6位。「ロマンチックすぎないようにしたかったわ」(Billboard)、「もっと楽しい感じにね、夜のデートを楽しんでいるような感じ」と語るミュージック・ビデオは今年4月に公開され、既に7000万動画再生回数を突破する他、「Hot R&B Songs」部門では既に第1位に輝くなど、急成長の新星として大きな注目を集めます。

また米19歳新星ラッパー、ジュイス・ワールド(Juice WRLD)のデビュー・アルバム『Goodbye & Good Riddance』が今週「Billboard 200」自身最高第6位まで上昇。ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン主演の1994年映画『レオン』(原題:Léon)主題歌となったスティング(Sting)1993年曲「Shape of My Heart」をサンプルにしたセカンド・シングル「Lucid Dreams」が自身最高の第9位を記録しました。なお今週の「Hot 100」及び「Billboard 200」トップ10は以下の通りです。

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ポスト・マローン/Post Malone「Psycho」feat. タイ・ダラー・サイン/Ty Dolla $ign
第2位 ドレイク/Drake「Nice For What」
第3位 カーディ・B/Cardi B, バッド・バニー/Bad Bunny,J. バルヴィン/J Balvin「I Like It」
第4位 マルーン5/Maroon 5「Girls Like You」feat. カーディ・B/Cardi B
第5位 ドレイク/Drake「God’s Plan」
第6位 エラ・メイ/Ella Mai「Boo’d Up」
第7位 ドナルド・グローヴァー/Childish Gambino「This Is America」
第8位 カニエ・ウェスト/Kanye West「Yikes」
第9位 ジュイス・ワールド/Juice WRLD「Lucid Dreams」
第10位 ゼッド/Zedd, マレン・モリス/Maren Morris, グレイ/Grey「The Middle」
Hot 100、2018年6月16日付

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 カニエ・ウェスト/Kanye West『Ye』
第2位 ポスト・マローン/Post Malone『Beerbongs & Bentleys』
第3位 ゴースト/Ghost 『Prequelle』
第4位 ルーク・コムズ/Luke Combs 『This One’s For You』
第5位 カーディ・B/Cardi B『Invasion Of Privacy』
第6位 ジュイス・ワールド/Juice WRLD『Goodbye & Good Riddance』
第7位 サントラ『グレイテスト・ショーマン』
第8位 ショーン・メンデス/Shawn Mendes 『Shawn Mendes 』
第9位 リル・ベイビー/Lil Baby 『Harder Than Ever』
第10位 ジェイソン・アルディーン/Jason Aldean『Rearview Town』
Billboard 200、2018年6月16日付

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー