ロード、新曲「Solar Power」リリース&アルバム『Solar Power』発表


2468 1388 VOICE Editor

ニュージーランドの歌姫ロード(Lorde)が今日、新曲「Solar Power」をリリースし新章を始動させた。またロードはこの日、前作『Melodrama』からおよそ4年ぶりとなるサード・アルバム『Solar Power』を併せて発表した(現地時間2021年6月10日)。

その第1弾となるタイトル・トラックのリリースとともに、「自然の祝福」となる新作アルバム『Solar Power』を象徴するミュージック・ビデオを公開。アコースティック・ギターの音色にのせ、日常の喧騒から抜け出し、大自然に囲まれた爽やかな夏へと誘う。

オーガニックで自然体の真新しいロードに出会う「Solar Power」は、『Melodrama』のプロデューサーの一人、ジャック・アントノフ(Jack Antonoff)と再びタッグを組み、ロードとジャック・アントノフがコー・ライトし共同プロデュースした。

そのミュージック・ビデオの監督には、ロードとニュージーランドの映像監督ジョエル・ケファリ(Joel Kefali)。眩い太陽の光が反射する美しいビーチとエメラルドに輝く海で、自然に還るロードはその息を吹き返す。ジョエル・ケファリはロードの原点であるデビュー・シングル「Royals」のミュージック・ビデオを手がけた映像監督。「Royals」は米・英のチャートで首位となり世界を席巻し、2014年の第56回グラミー賞では「年間ソング賞」、「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」の2冠に輝いた。

ジョエル・ケファリがロードの映像監督を務めるのは、2013年の「Tennis Court」以来。新型コロナウイルスのパンデミックの中、人類のルーツに立返り多くの友人らとともに大自然の恵みを祝福し、その喜びを開放的なダンスで表現する。ロードとジョエル・ケファリはアルバム『Solar Power』の他のミュージック・ビデオでも共同監督を務める。「シネマティックな世界を創造するビデオの数々を一緒に作りました、皆さんに見てもらうのが待ち遠しい」とロードはファンらへのニュースレターで語る。

そのニュースレター(現地時間2021年6月10日)でロードは、”太陽の力”を冠するアルバムについて次のように語っている。「私には会いたい人がいます。彼女はずっと裸足。セクシーで、遊び心があり、野性的で自由。彼女は売れ残り品のビキニを着たモダンな子。自分の過去と未来と繋がりながら、夏がやって来るとその周波数は最高レベルに達する。彼女の肌は輝き、愛する人に囲まれている。私はそんな彼女に首ったけになっています。もうすぐ皆さんもそうなると思います」。「私のサード・アルバム『Solar Power』をついに皆さんに発表できてとても嬉しく思います。」

「このアルバムは、自然界の祝福です。私が自然にいる時に感じる深く超自然的な感覚を永遠のものにしようと試みたものです。心の痛み、悲しみ、深い愛と混乱の時代のなかで、私は自然に答え答えを見つけます。息を吐き、そして(自然の持つ)周波数に合わせることを学んできました。そしてこのアルバムが生まれたのです」

「その1stシングルは、タイトル・トラックとなる”Solar Power”でジャックと一緒に書き、プロデュースしました。この曲はその最初の光です。色っぽく感染性のある夏のエネルギーを歌った曲です。そのエネルギーは私たち全てを支配します」。「ニュージーランドでここにいる友人たちと全て作りました」、「映像監督は私の初めてのビデオを手がけたジョエル。シネマティックな世界を創造するビデオの数々を一緒に作りました。皆さんに見てもらうのが待ち遠しいです。私の過去、私の家族、私の女友達、私のアウトドア、私の絶え間ない沈思黙考をカプセル化したものを作りました」。

アルバム『Solar Power』のリリース日は現在発表されていないものの、ロードは「このアルバムを皆さんの夏のお供にしてほしいです。ビーチへのドライブで気分を高めてくれる音楽です。もとに戻るまで何ヶ月もかかる日焼けのように、跡に残るアルバムです」。今日の発表&リリース日も自然と繋がっているといい、「今日は今年一度だけの(金環)日食って知っていましたか?しっくり感じています」。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー