ケリー・クラークソン「Stronger (What Doesn’t Kill You)」、『アメアイ』史上最高セールスシングル曲に


150 150 VOICE Editor

「Kelly Clarkson’s ‘Stronger’ Becomes Best-Selling Single by an American Idol」on Billboard

独立記念日の先週、また新たにその”歴史”が動いたようです。米FOX『アメリカン・アイドル』(American Idol)初代王者が、名曲「インディペンデンス・デイ」をカバーしたことでもしられるシーズン4覇者キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)の大ヒットナンバー「Before He Cheats」の記録を抜き、これまでの王者対決に新たな展開をみせました。

米国時間7月4日(水)、米ニールセン・サウンドスキャンによるセールス統計が発表され、ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)の自身最高となる今年の大ヒット曲「Stronger (What Doesn’t Kill You)」総計3,510,000セールスを記録し、キャリー・アンダーウッドの2006年リリースのシグネチャー・ソング「Before He Cheats」が記録している3,509,000セールス記録をついに追い抜き、米FOX『アメリカン・アイドル』史上(全シーズン)最高のセールス記録となるベスト・セーリング・シングル曲となったことが米ビルボードにより報じられました。

全米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」首位獲得数で2週第1位を記録しているコロネーション・ソング「A Moment Like This」、シグネチャー・ソング「My Life Would Suck Without You」の記録を抜き、自身最多となる3週にわたり全米「Hot 100」第1位を記録したケリー・クラークソンのシングル曲「Stronger (What Doesn’t Kill You)」は、これまでに全米ビルボードチャート「Hot Digital Songs」部門、「Adult Top 40」部門、「Hot Dance Club Play」部門や現在5週連続で首位を獲得(※2012年7月14日付)している「Adult Contemporary」部門含む11部門で第1位を記録

一方、これまで『アメリカン・アイドル』の最多セールスを記録していたキャリー・アンダーウッドの「Before He Cheats」は、5週間連続で米ビルボード「Hot Country Songs」部門首位獲得「Hot 100」では最高位第8位にとどまっているも、64週に渡り「Hot 100」にランクインを果たしています。

『アメリカン・アイドル』総アルバム・セールス
Total domestic album sales

キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)公式サイト

シングル曲セールス記録ではまさに”Stronger”となったケリー・クラークソン、一方惜しくもその座を譲った「カントリー・クイーン」キャリー・アンダーウッドですが、しかし総アルバム・セールス記録では、ケリー・クラークソン11,664,000セールスに対して、キャリー・アンダーウッドはこれまでに13,205,000セールスを記録しており、現在もキャリー・アンダーウッドがその『アメリカン・アイドル』王者の座に君臨し続けています。

(記事)”Kelly Clarkson’s ‘Stronger’ Becomes Best-Selling Single by an American Idol” on Billboard

もっとも、米ビルボード・チャート記録ではまた異なる結果となるようです。

『アメリカン・アイドル』米ビルボード最多第1位獲得数総合ランキング
American Idol No. 1

ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)公式サイト

2002年6月11日にオンエアが開始された『アメリカン・アイドル』の10周年を迎えた2012年6月11日、これまでの『アメリカン・アイドル』の歴史を振り返り、米ビルボードBizは、これまでの『アメリカン・アイドル』アーティストの米ビルボードチャートでの第1位記録(※米ビルボード全部門におけるシングル曲、アルバム合算)をもとにした10周年記念『アメリカン・アイドル』番付を発表。

(記事)”‘American Idol’ Tenth Anniversary: 345 Billboard No. 1s, From Kelly Clarkson to Phillip Phillips ” on Billboard Biz
(記事)”American Idol’s Tenth Anniversary: Kelly Clarkson’s Journey to 73 Billboard Chart Toppers” on Billboard Biz

これによると、米ビルボード最多第1位獲得数総合ランキングでは、キャリー・アンダーウッドを抑えて、ケリー・クラークソンが第1位に。第3位のドートリーと大きく離してのトップ争いは注目すべき点かもしれません。

『アメリカン・アイドル』米ビルボード最多第1位獲得数総合ランキング

第1位 ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)73
第2位 キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)62
第3位 クリス・ドートリー(Chris Daughtry (Daughtry) 38
第4位 ファンタジア(Fantasia)31
第5位 ルーベン・スタッダード(Ruben Studdard)16
第6位 ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)15
第6位 マンディーサ(Mandisa)15
第8位 クレイ・エイケン(Clay Aiken)12
第9位 アダム・ランバート(Adam Lambert)9
第10位 デヴィッド・クック(David Cook)8
第10位 キンバリー・ロック(Kimberley Locke)8
第12位 スコッティ・マクレアリー(Scotty McCreery)7
第12位 ジョッシュ・グレイシン(Josh Gracin)7
第12位 ジョーダン・スパークス(Jordin Sparks) 7
第15位 クリス・アレン(Kris Allen)4
第15位 デヴィッド・アーチュレッタ(David Archuleta)4
第15位 ケリー・ピックラー(Kellie Pickler)4
第15位 エリオット・ヤミン(Elliott Yamin)4
第19位 テイラー・ヒックス(Taylor Hicks)3
第20位 シーズン2ファイナリスト(American Idol Finalists)2
第20位 ボー・バイス(Bo Bice)2
第20位 ジェイソン・カストロ(Jason Castro)2
第20位 バッキー・コヴィントン(Bucky Covington)2
第20位 ブレイク・ルイス(Blake Lewis)2
第20位 クリス・スライ(Chris Sligh)2
第26位 パリス・ベネット(Paris Bennett)1
第26位 ダイアナ・デガルモ(Diana DeGarmo)1
第26位 リー・デワイズ(Lee DeWyze)1
第26位 タミラ・グレイ(Tamyra Gray)1
第26位 フィリップ・フィリップス(Phillip Phillips)1
第26位 ウィリアム・ハン(William Hung)1

※米ビルボード全部門におけるシングル曲、アルバム首位合算

他方、米ビルボード首位獲得最多週ランキングでは、キャリー・アンダーウッドデビュー・アルバム『Some Heartsが「Top Country Catalog Albums 」部門41週第1位記録で第1位、またシングル「Inside Your Heavenが「Hot Country Singles Sales」部門で35週首位獲得により第2位で、28週首位獲得のケリー・クラークソンの2ndスタジオ・アルバム『Breakaway』を第3位に抑えて首位を獲得しています。

『アメリカン・アイドル』米ビルボード首位最多週ランキング

第1位 キャリー・アンダーウッド『Some Hearts』(2008)「Top Country Catalog Albums」41週
第2位 キャリー・アンダーウッド「Inside Your Heaven」(2005)「Country Singles Sales」35週
第3位 ケリー・クラークソン『Breakaway』(2005))「Adult Contemporary Audience」28週
第4位 キャリー・アンダーウッド『Some Hearts』(2008)「Top Country Albums」27週
第5位 クリス・アレン「Live Like We’re Dying」(2010)「Christian Digital Songs」24週
第5位 クリス・アレン「Live Like We’re Dying」(2010)「Christian/Gospel Digital Songs」24週
第7位 ケリー・クラークソン『Breakaway』(2005)「Adult Contemporary」21週
第8位 デヴィッド・クック『The Time of My Life』(2008)「Adult Contemporary」15週
第9位 ドートリー『Daughtry』(2006)「Top Rock Albums」14週
第9位 ドートリー『Daughtry』(2006)「Top Hard Rock Albums」14週

※米ビルボード各部門別。シングル曲、アルバム別累計。

ケリー・クラークソンvsキャリー・アンダーウッドという最強王者同士の熾烈なトップ争いを繰り広げる中、シーズン中、キャリー・アンダーウッドがコンテストでハート(Heart)の「Alone」を披露した際、英辛口審査員サイモン・コーウェル(Simon Cowell)が口にした「君はこのシーズンを制するのみならず、他のシーズンのどの優勝者よりも多くのアルバムセールスを記録するだろう」(»動画)との”予言”はあれから6年たった今も的中していることになりますが、果たして今後の行方は?

とはいえ、ケリー・クラークソン、キャリー・アンダーウッドが共に今のミュージック・シーンで異彩を放つ後世に名を残す類まれなアーティストであり、これからも全米の心を掴むアメリカ最高峰の”Idol”であることに変わりないかもしれません。

なお、キャリー・アンダーウッドは4作目にして現在大ヒット中の『Blown Away』の国内盤『ブローン・アウェイ』で今月7月25日に日本デビュー。一瞬テイラー・スウィフトにもみえるかもしれない同アルバムには、全米ビルボード「Billboard 200」第2位デビュー・アルバム『Some Hearts』リード・シングル曲「Jesus, Take the Wheel」、3rdシングル曲「Before He Cheats」、全米ビルボード「Billboard 200」第1位2ndアルバム『Carnival Ride』3rdシングル曲「Last Name」、全米ビルボード「Billboard 200」第1位3rdアルバム『Play on』リードシングル曲「Cowboy Casanova」がボーナス・トラックとして収録される予定とのことです。

※本文記載中のセールス記録は米ニールセン・サウンドスキャン調べによる2012年7月4日時点における米国内のおよその数値によります。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー