• その他

デルタ・グッドレムがジム・ブリックマンとコラボ!新曲『Breathe, Dream, Pray, Love』


150 150 VOICE Editor
「Breathe, Dream, Pray, Love」ft. Delta Goodrem and Mark Masri on 米iTunes

「Breathe, Dream, Pray, Love」ft. Delta Goodrem and Mark Masri on 米iTunes

マルティナ・マクブライド(Martina McBride)やオリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)、レディ・アンテベラム(Lady Antebellum)らとコラボレーションし、繊細なバラード曲やホリディシーズンの心温まる美しい楽曲で知られる米人気ピアニスト・作曲家ジム・ブリックマン(Jim Brickman)が、現在アメリカで活動中の豪歌姫デルタ・グッドレム(Delta Goodrem)と初めてコラボレートし、新曲「Breathe, Dream, Pray, Love」を制作!

この曲はカナダ出身クロス・オーバースタイルのテノール歌手マーク・マスリ(Mark Masri)とのデュエット曲となっており、ジム・ブリックマンの最新アルバム『HOME』(2010.10)のボーナス・トラックに収録されているとのことです!!

【試聴】“Breathe, Dream, Pray, Love” ft. Delta Goodrem and Mark Masri on 米iTunes

このアルバムでは、米人気リアル・オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン8のファイナリスト、マット・ジラウド(Matt Giraud)をはじめ、CNN系HLNチャンネルのモーニング・ショー「Morning Express with Robin Meade」のニュース・キャスターでエミー賞を受賞した経歴を持つロビン・ミード(Robin Maede)や、米カントリー・シンガーのタイ・ハーンドン(Ty Herndon)らとコラボレートしており、昔ながらの懐かしくも温かい「ホーム」をテーマに全編に渡りカントリー・テイストに仕上げられたアルバムは、早くも米ビルボード「ニュー・エイジ」部門で第2位を記録しているとのことです。

豪デルタ・グッドレム掲示板でもファンからの評判が高いこの楽曲ですが、現在米iTunesで配信されているほか、ジム・ブリックマン公式サイトで購入することができるようです。日本ではHMVで購入できるようです。

【日本HMV】ジム・ブリックマン HOME

日本デビューしていることもあり日本でもニュー・エイジ分野では知名度の高いジム・ブリックマンですが、ピアノのタッチの繊細さがすごいですよね!私もよくジム・ブリックマンの曲を聞いていましたが、特にこの季節になると見事にはまります。もう少し力強さがあると嬉しいのではありますが!?、しかし疲れた時にふとジム・ブリックマンの優しいピアノの旋律を耳にすると思わず心が和らぐそんな不思議な魅力があります。

ジム・ブリックマン心に響くコラボレート・ソング
Jim Brickman’s Collaboration Songs

ジム・ブリックマン公式サイト

“Never Alone” ft. レディ・アンテベラム(Lady Antebellum)

“The Gift” ft. Collin Raye & Susan Ashton

“Valentine” ft. マルティナ・マクブライド(Martina McBride)

【動画】その他ジム・ブリックマンのPV関係

デルタのデュエット相手はカナダの甘いマスクのイケメンテノール歌手マーク・マスリ
Mark Masri

Mark Masri Official Website

気になる甘い歌声のデルタのデュエット相手ですが、調べたところによると、カナダ・トロント出身のクロス・オーバースタイルのテノール歌手のマーク・マスリ(Mark Masri)とのことで、カナダ音楽最高峰の権威ジュノー賞でもノミネートされており、早くもデイヴィッド・フォスター(David Foster)のファミリーの一員(!)。カナディアン・テノールズと若干かぶっている気もしなくもないですが、最新アルバム『LA VOCE』を聞きましたところ、なかなか良かったです!!日本でもヒットしそうな壮大で美しく力強い歌声です。

そんな彼の楽曲は以下のサイトで試聴できます。(※自動再生します)

マーク・マスリ『LA VOCE』試聴サイト

デルタ・グッドレムの4thアルバムのリリースは来年ということでまだ詳細は未定のようですが、ジム・ブリックマンとのコラボ曲「Breathe, Dream, Pray, Love」、次回の日本語版のボーナス・トラックに収録してくれたらファンにはたまりませんね!

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー