米『Xファクター』初代王者メラニー・アモロ(Melanie Amaro)デビュー曲「Don’t Fail Me Now」公開


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

米『Xファクター』公式サイト

レオナ・ルイス(Leona Lewis)、ワン・ディレクション(One Direction)、シェール・ロイド(Cher Lloyd)ら世界的アーティストを輩出してきた英国民的人気音楽オーディション番組『Xファクター』(The X Factor)が昨年ついに全米に上陸し、ビヨンセ(Beyoncé)やマライヤ・キャリー(Mariah Carey)、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)らを彷彿とさせる力強い歌唱力で初代全米王者に輝いた米20歳メラニー・アモロ(Melanie Amaro)が、米国時間8月1日、待望のデビュー・シングル曲「Don’t Fail Me Now」をサウンドクラウド及びVEVOにて公開しました。

(2012.8.20追記)第2弾最新曲「Love Me Now」をサウンドクラウド及びVEVOにて公開

ソウルフルな歌声で魅了した米ジョシュ・クラジック(Josh Krajcik)を抑えて、レコード契約金500万ドル(※約4億円)と共にその王冠を手にした米フロリダ州フォートローダーデール生まれ、イギリス領ヴァージン諸島育ちの20歳の新星歌姫のデビュー・シングル曲「Don’t Fail Me Now」は、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)やマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)らに楽曲を提供していることでも知られる英シンガー・ソングライター、リヴィ・フランク(Livvi Franc)が作詞作曲。

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の最新シングル曲「As Long as You Love Me」レディー・ガガ(Lady Gaga)の「Telephone」を手がける米ヒット・メーカー、ロドニー・ジャーキンス(Rodney “Darkchild” Jerkins)をプロデューサーに迎えた同曲は、アップ・ビートなバラード曲ともみれるリリックながら、メラニー・アモロのスターダムへの長い道のりを描いたナンバーとなっていることが、そのプレス・リリースで明かされています。

(記事)”Melanie Amaro: The X Factor Winner Debuts Uplifting First Single, “Don’t Fail Me Now”” on PR News

メラニー・アモロ(Melanie Amaro)米公式サイト

莫大な契約金とともに全米最大の視聴率を誇るNFLスーパーボウルのCMへの出演権を獲得し、今年2月に米アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のシグネチャー・ソング「Respect」の圧倒的歌唱力でのカバーで、英エルトン・ジョン(Elton John)キングを撃退したメラニー・アモロ。

しかしシーズン・ファイナルからおよそ8ヶ月という、ファンの記憶も遠ざかる中ついにリリースされたデビュー曲には、「ついに!!!!」「ようやく来たこの日が信じられないわ!!」「すごくイイ!」「病みつきになる!」「私たちファンはあなたを失望させないよ!」等ファンらからの興奮の声の一方、米映画『ドリームガールズ』(原題:Dreamgirls)曲「Listen」で全米に涙を誘ったその力強い美しい歌声にエファクトがかけられたオート・チューンとなっていることを受け、「才能が無駄になってしまっているよ」、「Melanie your music have failed us now!(メラニー、君の曲は私たちを失望させたよ)」等厳しい声もあり、賛否両論となっているようです。

»米『Xファクター』シーズン1(オーディション1)ビヨンセ「Listen」カバーでスタンディングオベーション、審査員ニコール・シャージンガーら涙

とはいえエルトン・ジョン絶賛の歌唱力に、師サイモン・コーウェル(Simon Cowell)も「彼女は全世界でアルバムセールスを記録するようなアーティストで、長く活躍するアーティストになるだろう。スターの才能を持っており、彼女はタフだ」と唸らせる才能を有するメラニー・アモロ、デビュー曲は(その非常に高い期待感からも)賛否両論となっているものの、彼女は今、人々に笑顔を届けるべく、その歌声とタフさを持ち味に決して”失望させない”実力派世界的アーティストへの”the longest road”を歩いているのかもしません。

»米『Xファクター』シーズン1王者発表、ウィニング・パフォーマンス「4:10〜」

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー