ジェシカ・シンプソン、米ファッション誌『Elle』で妊娠ヌードを披露


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

ジェシカ・シンプソン米公式サイト

I HAVE NEVER FELT SO HAPPY AND CONFIDENT AS A WOMAN
女性としてこんなにも幸せと自信を感じたことはないわ

(公式サイトより)

デミ・ムーア、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、マライア・キャリーらに続いて、米歌手で女優、ファッションデザイナーのジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)が、米ファッション雑誌『エル』(Elle)4月号の表紙で、赤ちゃんが眠るお腹をそっと支えながら、デミ・ムーアのカバーを彷彿とさせるポーズでその妊娠ヌード姿を披露しました。

(写真)”Jessica Simpson Nude Pregnant ‘Elle’ Cover: Singer Reveals She’s Having A Girl! (PHOTOS) ” on Huffington Post(※記事末尾にて、歴代セレブの妊娠ヌード雑誌カバー写真がまとめて掲載されています。)

また、今回初めての妊娠となる31歳の歌姫は、元アメリカンフットボールNFLの選手およそ6ヶ月の交際を経て2010年11月に婚約した婚約者エリック・ジョンソン(Eric Johnson)との間に生まれる赤ちゃんの性別について、女の子となることを明かしています。

(写真)米雑誌『エル』(Elle)公式サイトにて掲載中

(記事)「ジェシカ・シンプソンがマタニティ・ヌードに挑戦」on MTV(原文はコチラ

妹アシュリー・シンプソン(Ashlee Simpson)が2008年に出産した現在3歳の男の子ブロンクス・モウグリ(Bronx Mowgli Wentz)くんの名前は「最もセレブな名前!?」として話題を呼びましたが(英文記事)、一方ジェシカ・シンプソンは、その女の子の名前について、「ショッキングなものでもなければ、辞書に新しく追加する名前でもないわ」と、名前を秘密にしつつ、変わった名前をつけるセレブの流行には乗らないことを宣言。

また自身のブランド「Jessica Simpson Collection」を持つファッション・デザイナーは、「クリスチャン・ルブタンでなくって、ナイキのスニーカーを欲しがったら悲鳴にならない声を上げてしまうわ!」「エリックはすごいアスリートだわ。娘がアスリートになったら、一緒にショッピングも行けないわ。だって欲しがるのはスポーツブラとナイキになってしまうもの」と産まれる前から、早くも心配事のようです。

I swear, I will croak if she asks me for a pair of Nikes instead of Christian Louboutins.
Eric is so athletic — we’re gonna have this athletic girl and I won’t even be able to take her shopping, ’cause all she’s gonna want is sports bras and Nikes!

妊娠が発覚する前にある第6感が働いたという大のお酒好きなジェシカ・シンプソン、「ものすごい罪悪感に襲われ始めたの。友だちと遊んでカクテルを楽しむという考えだけでどうしてこんな罪悪感を感じるのだろう?って思っていたわ」と当時を振り返ります。

(記事)”Jessica Simpson nude pregnancy pic hits Elle cover” on Imperfect Parent

どうやら娘がアスリートになる第6感が働き始めているジェシカ・シンプソンですが、セレブのゴシップの中にいつしか埋没してしまった美しい歌声をどこか思い出させる女の子の歌声が聞ける日が来ることをちょっぴり期待しなくもありません。

(写真)米雑誌『エル』(Elle)公式サイトにて掲載中

雑誌『エル』4月号には表紙以外にも、ジェシカ・シンプソンのお腹にそっとキスをするフィアンセのエリックの幸せな姿や、いつしかゴシップ・セレブから大人の母親となった彼女の姿が映し出された写真の数々が掲載されているようです。また、4月号表紙には赤い服を着たバージョンもあるようです。詳しくは以下の米『エル』公式サイトにて公開されています。

(写真)米雑誌『エル』(Elle)公式サイトにて掲載中

(写真)”Jessica Simpson: Billion Dollar Baby” on Elle

また同時に「初めての妊娠」にちなんで「ジェシカ・シンプソンの初めてのこと」を特集した同撮影舞台裏インタビュー映像が公開されています。

このインタビューでジェシカ・シンプソンは、母親の歌声以外で初めて恋した歌声はクリスチャン歌姫エイミー・グラント(Amy Grant、記事)の「Baby, Baby」(ベイビー、ベイビー)であったことを明かしています。

洋楽最新情報をフォロー