アラン・ウォーカー、サブリナ・カーペンターらとの美しい新曲「On My Way」 謎の遺跡から火蓋切る


2400 1350 VOICE Editor
アラン・ウォーカー、サブリナ・カーペンター共にサマソニ2019に出演決定

異世界へ誘うデビュー・アルバムから半年経たぬなか、アラン・ウォーカー(Alan Walker)の最新シングル「On My Way」ダウンロード版)が謎に包まれたミュージック・ビデオとともに現地時間3月21日にリリース。サブリナ・カーペンター(Sabrina Carpenter)、プエルトリコのレゲトン・スター、ファルーコ(Farruko)をヴォーカルに迎えたバイリンガル・ナンバーに「これは全く新しい旅の始まり、みんなと分かち合うのが待てないよ。私と同じように気に入ってくれてワクワクしてくれたらと願ってる」とアラン・ウォーカー(YouTube)。『Different World』からその新たな幕を開けます。

(バース1)「ごめんなさい、でも話したくないわ/行く前にちょっとだけ時間を頂戴/気にしないで/ブラインドを閉めるわ、彼らが私の涙を見る必要なんてない/たとえ彼らが理解しても/彼らは理解しない」(プリ・コーラス)「それが済んだら/私は全てを注ぐ、世界を救う心構えができているわ/私は苦難を受け入れる/それを私のビッチにしよう、誰からも好かれる女にはなれない」(コーラス)「狙いを定め撃ち放て/こんなにも目を覚ましたことはない/そうよ、自分を守れるのは私だけ/今向かっているところよ/ブラッドムーンが昇る/目に燃ゆる炎/そうよ、自分を守れるのは私だけ/今向かっているところよ」

アラン・ウォーカーらしい感染性のあるドリーミーな北欧の美しい旋律に、今回新たにラテンのタッチを加えた「On My Way」のソングライターには、アラン・ウォーカー、「Faded」のコー・ライターのヤスパー・ボルゲン(Jesper Borgen)ムード・メロディーズ(Mood Melodies)、そしてカーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)「Party for One」のジュリア・カールソン(Julia Karlsson)らに加えてファルーコ。ある男女の別れのシーンに決意を固め立ち上がるサブリナ・カーペンターの切なく力強い歌声が壮大なジャーニーの始まりを予感させます。そのシネマティックなミュージック・ビデオは、これまでノルウェー・シングルチャートで首位となった「All Falls Down」、「Darkside」、「Diamond Heart」を手がけてきた映像監督クリスティアン・バーグ(Kristian Berg)が製作。それらの世界観を受け継ぐ映像では、考古学を学ぶ女子大生が歴史書、宗教画に隠された暗号を読み解き、世界に散りばめられたミニ・ストーンヘンジな謎の古代遺跡を発見・発掘し、これまでの近未来的な映像から過去に遡る壮大なストーリーで神秘性を深めます。

プレスリリースによるとこれまで世界ストリーミング180億再生回数を超えるというカルト的人気のノルウェーDJ/音楽プロデューサーの21歳、今回のリリースに「私のニュー・シングルでサブリナ・カーペンター、ファルーコとコラボできて心から光栄に思っています。彼らはそれぞれ個性を持った非常に才能溢れるアーティスト、それがこの曲を補い完全にしています」。ディズニー・スターからポップ・スターへと転身を遂げたサブリナ・カーペンターとのコラボとなったアラン・ウォーカーは、これまでマイリー・サイラスの妹ノア・サイラス(Noah Cyrus)との「All Falls Down」をはじめ、「Back to Beautiful」及び2018年12月にリリースされたアラン・ウォーカーのデビュー・アルバム『Different World』のタイトル・トラックでは『ディセンダント』シリーズのソフィア・カーソン(Sofia Carson)とコラボ。

「On My Way」はモバイル・ゲーム『PUBG Mobile』の1周年記念テーマソングともなっており、先週ニューヨーク・シティのYoutube Studiosで開催された1周年記念パーティで「Faded」に加え、初のライブ・パフォーマンスとなる「On My Way」をベルギー出身のシンガーRAVVELと披露。その模様は現在以下の動画より配信されています。(追記)アラン・ウォーカーとサブリナ・カーペンターは今年で20周年目となるSUMMER SONIC 2019(サマーソニック 2019)でそれぞれ来日公演を行います。開催日程は2019年8月16日(金)〜18日(日)、チケットなど詳しくはサマソニ公式サイトをご覧ください。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー