グラミー賞2021、3月に延期発表


2560 1440 VOICE Editor

グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーは、現地時間2021年1月31日に開催を予定していた第63回グラミー賞(63rd Annual Grammy Awards)の授賞式を現地時間2021年3月14日に延期すると今日(現地時間2021年1月5日)発表した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、開催地ロサンゼルス郡の医療体制がひっ迫していることから、医療専門家らとの議論を重ねた上で決定された。

「医療専門家、司会者、出席予定のアーティストらと慎重に議論を重ねた結果、第63回グラミー賞授賞式の放送を2021年3月14日に延期することといたしました。ロサンゼルスにおける新型コロナウイルス感染症の悪化、医療現場・集中治療室(ICU)のひっ迫、州政府および地元当局の新たなガイドラインなど全てを踏まえて、延期が妥当であるという結論に至りました」とレコーディング・アカデミーCEOのHarvey Mason Jr.、放送局CBSライブ特番エグゼクティブJack Sussman、グラミー賞プロデューサーBen Winstonが共同声明で発表した。

“After thoughtful conversations with health experts, our host and artists scheduled to appear, we are rescheduling the 63rd Annual GRAMMY Awards® to be broadcast Sunday, March 14, 2021. The deteriorating COVID situation in Los Angeles, with hospital services being overwhelmed, ICUs having reached capacity, and new guidance from state and local governments have all led us to conclude that postponing our show was the right thing to do. Nothing is more important than the health and safety of those in our music community and the hundreds of people who work tirelessly on producing the show.

We want to thank all of the talented artists, the staff, our vendors and especially this year’s nominees for their understanding, patience and willingness to work with us as we navigate these unprecedented times.”
※出典:”Joint Statement Regarding The 2021 GRAMMYs Air Date” – Recording Academy

第63回グラミー賞には、ビヨンセ(Beyoncé)が主要部門(レコード賞、ソング賞)含む最多9部門ノミネート。続いてテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、デュア・リパ(Dua Lipa)、ロディ・リッチ(Roddy Ricch)が6部門でノミネートされている(記事)。

洋楽最新情報をフォロー