テイラー・スウィフト、新作アルバム『Folklore』リリース&「Cardigan」MV公開


2560 1440 VOICE Editor

前作『Lover』よりわずか1年、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が現地時間7月23日朝に通算8枚目となるスタジオ・アルバム『Folklore』(フォークロア、ダウンロード版 / Spotify)をサプライズで発表し、その日の深夜にリリース(現地時間7月24日)。併せて収録曲「Cardigan」のミュージック・ビデオが公開された。およそ2年ごとにリリースしていたテイラー・スウィフトとしては異例のサプライズ・リリースとなったが、リリース月日の各数字を足すと彼女のこだわりが現れる。

テイラー・スウィフトは自身のSNSで、「今夏に予定していた多くがキャンセルになったけど、予定していなかったことが実現。それは私の8枚目のアルバム『Folklore』。サプライズ🤗今日の深夜に新作アルバムをリリースするわ。私の思いつきや夢、恐れ、物思いの全てを注ぎ込んだ曲集になっているわ」。『Folklore』が異例のリリースになった理由についてテイラー・スウィフトは、新型コロナウイルスのパンデミックの中で気づかされたことが理由だといい、「これまでの私ならいつこのアルバムをリリースするか、完璧なタイミングを考えすぎていたかもしれない。でも今回のことがあり、人生では何が起こるかわからないということに気づかされたわ」、「私の直感だった、自分の愛するものを作るのであれば、そのまま世に出すべきだって。不確実性の中でそれが私にできること。みんなを心から愛しているわ」。

(バース1)「ヴィンテージのTシャツ、最新の携帯/石畳にハイヒール/若い時は何も知らないと思われる/宝石の笑顔、黒のリップ/みだらな政治/若い時は何も知らないと思われる」(コーラス)「でもあなたのことはわかってた/あなたのリーバイスで踊りながら/街灯の下で酔って/あなたのことはわかってた/私のトレーナーの中に触れる/Baby、キスで癒やして」、「そして自分が/誰かのベッドの下にある古びたカーディガンのように感じた時/あなたは私を羽織り言った、私があなたの一番だと」

幻想的な深い森に迷い込んだテイラーが魔法のピアノを弾くミュージック・ビデオは、テイラー自身が監督・脚本を務め制作。「全ての撮影は、医療検査官の指導の下で全ての人がマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保って撮影しました。私も自分でヘアメイク、スタイリングしたわ😂」(SNS)とテイラー。

【追記】日本時間7月25日、BBC Radio 1でテイラーは「Cardigan」について次のように語っている。「この歌はずっと前に終わった恋の歌。振り返ってそれがどんなに特別なものだったか。幸せっだった全ての時間、そして感じた全ての痛み。歌詞は、自分が誰かのベッドの下にある古びたカーディガンのように感じていることを歌っている。でもそれを羽織ってくれて、こう感じさせてくれた、一番大切な人だって」。映像では、幸せな時間から荒波の傷心を表現。ピアノに救われ現実の世界に戻る。その青春の恋は(時を止めたまま)永遠に胸に刻まれるものだとテイラーは言う。歌詞の中盤にはピーター(・パン)とウェンディが登場し、ミュージック・ビデオでも映画『ピーター・パン』を模したとみられるシーンやその世界観が散りばめられている。

湧き出るイマジネーションにペンを走らせファンタジー、歴史、記憶の世界に入っていく『Folklore』は、テイラーが新型コロナウイルスのアイソレーションのなかで書きレコーディング。テイラーにとって「音楽の家族」だというジャック・アントノフ(Jack Antonoff)が『1989』、『Reputation』に続いてプロデューサー/ソングライターに加わっている他、今回新たに米インディー・ロックバンド、ザ・ナショナル(The National)のAaron Dessnerがプロデューサー/ソングライターに参加。『Folklore』の全16曲中11曲をAaron Dessnerがテイラー・スウィフトとリモートで書き上げ、前作のエレクトロポップから一転、ブルージーなザ・ナショナルの音楽性に色濃く影響を受けながら、自身のルーツであるストーリーテリングのカントリーや、インディー・フォークの要素が加わる深みのある詩的な曲集で新たな姿を見せる。『Folklore』にはボン・イヴェール(Bon Iver)とコラボした「Exile」を収録。『Folklore』のトラックリストは以下の通り。

『Folklore』トラックリスト
1. the 1
2. cardigan
3. the last great american dynasty
4. exile (feat. Bon Iver)
5. my tears ricochet
6. mirrorball
7. seven
8. august
9. this is me trying
10. illicit affairs
11. invisible string
12. mad woman
13. epiphany
14. betty
15. peace
16. hoax
*17. The Lakes(フィジカルのボーナス・トラック)

この投稿をInstagramで見る

Most of the things I had planned this summer didn’t end up happening, but there is something I hadn’t planned on that DID happen. And that thing is my 8th studio album, folklore. Surprise 🤗Tonight at midnight I’ll be releasing my entire brand new album of songs I’ve poured all of my whims, dreams, fears, and musings into. I wrote and recorded this music in isolation but got to collaborate with some musical heroes of mine; @aarondessner (who has co-written or produced 11 of the 16 songs), @boniver (who co-wrote and was kind enough to sing on one with me), William Bowery (who co-wrote two with me) and @jackantonoff (who is basically musical family at this point). Engineered by Laura Sisk and Jon Low, mixed by Serban Ghenea & Jon Low. The album photos were shot by the amazing @bethgarrabrant. Before this year I probably would’ve overthought when to release this music at the ‘perfect’ time, but the times we’re living in keep reminding me that nothing is guaranteed. My gut is telling me that if you make something you love, you should just put it out into the world. That’s the side of uncertainty I can get on board with. Love you guys so much ♥️

Taylor Swift(@taylorswift)がシェアした投稿 –



関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー