ブルーノ・マーズ、新曲「Leave the Door Open」で新バンドSilk Sonic発進


2560 1439 VOICE Editor

グラミー賞11度受賞のブルーノ・マーズ(Bruno Mars、35歳)とグラミー賞3度受賞のアンダーソン・パーク(Anderson .Paak、35歳)が新バンド、シルク・ソニック(Silk Sonic)を結成。そのデビュー・シングル「Leave the Door Open」ダウンロード版, 各ストリーミング)を2021年3月5日にリリースし、ブルーノ・マーズと「Please Me」の映像監督Florent Déchardが共同監督のミュージック・ビデオを併せて公開した。

70年代が蘇るスムーズでソフト&メロウなサウンドと極上のハーモニーで愛を囁くロマンチックなR&Bラブソングの同曲は、シルク・ソニックのデビュー・アルバム『An Evening with Silk Sonic』のリード・シングル。”クワイエット・ストームの女王”、アニタ・ベイカー(Anita Baker)が自身のSNSで「この曲はまさにオールドスクールのラブソングだわ」と賛辞を贈るレトロな新曲で、ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが上質なR&Bの大人時間へと誘う。

(コーラス:Bruno Mars)「扉を開けたままにしておくよ/(開けたままに)/扉を開けたままにしておくよ/(開けたままに)/きみが僕と同じ気持ちだと願いながら/今夜君が欲しい、君も同じ気持ちだと願って、baby/来ると言ってくれ」

二人の関係の始まりは、ワールドツアー『24K Magic World Tour』でアンダーソン・パークがオープニング・アクトを務めた2017年欧州ツアー(2017年3月28日〜6月15日)の時だったと、ブルーノ・マーズはApple Musicのゼイン・ロウ(Zane Lowe)とのインタビューで語る。冗談で言い合っていたアイデアから発展したスタジオでのセッションで、共鳴し合った二人の音楽的感性がグルーヴを生み、音楽への純粋な情熱で互いを高め合っていった。それは自然と「雪だるま」のように大きくなっていったといい、「明日もどう?みたいにね。次々に音楽が浮かび続けたんだ」とブルーノ・マーズ。「それはまるで初めて音楽に恋に落ちた理由のような感覚だった。仲間と即興で演奏しながら、計画性なしに。部分ごとに練り上げていって、互いに刺激し合いながらね」。そのシルク・ソニックの新たな扉を開く「Leave the Door Open」は「永遠に私たちを繋いだんだ」とブルーノ・マーズは語る。

スペシャル・ゲストにBootsy Collinsを迎えるデビュー・アルバム『An Evening with Silk Sonic』は今年の後半にもリリースされる予定となっている。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー